healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
若い肌を保つための生活8ヶ条



見出し 毎日のスキンケアと食生活を見直そう

肌はあなたにとって、一生涯たった1枚の“着物”。それくらい大切なものだと認識し、肌にやさしい生活を心がけてあげよう。あなたが肌にやさしくなればなるほど、肌はそれに応えていつまでも若々しくいてくれるかもしれない。


栄養バランスのよい食事がやっぱり一番!

「栄養バランスなんて言葉、聞き飽きた!」という人もいるかもしれないが、やはりこれは基本中の基本だ。新しい肌細胞のもとになるのは各種栄養素。いいかげんな食生活で肌のコンディションが乱れた状態が続くと、間違いなく老化は早まる。→「肌にいい食べ物・悪い食べ物」

肌に合わせた正しいスキンケアをしよう

あなたは毎日、肌のために何をしているだろうか。しっかりスキンケアをしているという人、それはあなたの肌にとって正しいやり方だろうか。肌に合った適切なケアをしない限り、老化は進む一方だ(全くやらないのは論外)。間違ったケアは逆に老化を早めてしまう。→「肌タイプ別アドバイス」

紫外線対策はしっかりしよう

シミ・シワをつくらないためには、紫外線対策を怠らないこと。長時間紫外線を浴びつづけないのはもちろん、ちょっと外に出る時でも帽子をかぶる、日焼け止めクリームやファンデーションを塗るなど、肌の保護を。スキー場や海といった、とくに紫外線が強いところへは、何の対策もなしに絶対に行かないこと!

日焼けしてしまった後の手入れ法
1 アスピリンなどの消炎剤を飲む
2 冷水に浸したタオルや氷で、肌を冷やす
3 化粧水をたっぷり与えて、水分を補給する
4 乳液などを塗って、水分の蒸散を防ぐ
5 ビタミンCをとる(メラニンの生成を抑えてくれる)

たばこはやめる!無理ならせめて本数は減らそう

愛煙家の人にとっては、またもや耳の痛い話だが、肌のためにもたばこは絶対によくない!たばこを吸うと血管が縮んで血行が悪くなるため、栄養が末梢まで行き渡らなくなり、皮膚の表面温度が下がる。その結果、皮膚のくすみや乾燥など悪い影響を与える可能性がある。またたばこは体内に大量の活性酸素を発生させる。体内のビタミンCも急速に失われる。どうしてもやめられないなら、せめて1日10本以下に抑えたい。→「たばこをやめるテクニック」


睡眠は十分とろう

夜は、副交感神経が優位にはたらき、成長ホルモンも多く分泌される時間帯だ。この時間にしっかり睡眠をとると、皮膚は血液を酸素をたくさんもらって新しい細胞をつくり、老廃物をいろいろな臓器から出してくれる。逆に睡眠が足りないと、皮膚の新陳代謝はうまい具合にはかどらない。「美肌は夜つくられる」といわれるのは、こういうわけだ。

いきなり激しい運動をしない

運動をすれば酸素の消費量も増え、それに比例して、老化の原因となる活性酸素も多く発生する。からだのほうも、運動で生じた活性酸素を消去する能力を備えているので、その能力の範囲内(つまり適度な運動)なら問題ないが、消去能力の範囲を超えた運動となると対処しきれないのだ。
なお、運動をする前にはビタミンE・C・B2・βカロチンなどを摂っておくと、酸化防止に役立つ。

パソコンを使う時は1時間ごとに休憩しよう
「電磁波」にも活性酸素を発生させるのではという疑いが持たれている。とはいえ、私たちの身の回りには、パソコン、コピー機、電子レンジ、赤外線電気こたつ、テレビ、レントゲンなど、電磁波を発する機器だらけで、これを避けようというのも無理な話。ただ、長時間電磁波を浴びつづけないようにするくらいの気配りは大切だ。目にもいい。

ストレス解消法を身につけよう

ストレスも肌には悪い(活性酸素も発生させる)。たま〜に感じるくらいならいいが、四六時中ストレス漬けとなると困りものだ。肌の老化が進むだけでなく、ストレスはいろいろな心身の病気の原因にもなる。自分のストレス解消(発散)法をぜひ見つけよう。→「ストレス解消のためのリラックス法」

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。