healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
老化を急ピッチに進める「肌の敵」(前編)

見出し 紫外線はほんとうに怖い!!

肌の大敵NO.1は、紫外線だ。シミやシワの80%が紫外線によるものともいわれる。
農業や漁業にたずさわってきたお年寄りの首筋には深いシワがよく見られるが、これは長年にわたって紫外線を浴び続けてきたことによるもの。またシミやシワで皮膚科を訪れる人には、若い頃にスポーツなどで真っ黒に日焼けしていた人や、肌の保護に無頓着だった人が多いという。今は大丈夫でも、数年後に必ずしわ寄せがくるということだ。


紫外線は、波長の違いによって、UVAUVBUVCの3つに分けられる。

UVA 生物に与える影響はUVBの100分の1〜1000分の1だが、表皮を通り越して真皮にまで達し、シワをつくる。
窓ガラスを透過するので、室内にいても浴びる(量は1/2に減少)。
曇りの日でも、量は変わらない。
UVB 角化細胞に損傷を与え、急激な日焼け(炎症)や皮膚ガンの主な原因となる。
窓ガラスにほとんど吸収されるので、室内には入ってこない。
曇りの日は、量が1/3程度に減る。
UVC オゾン層で吸収されるので、地上にはほとんど届かない。


日本では、紫外線は3月頃から強さを増し、5月から8月にかけてもっとも強くなる。1日のうちでは正午頃がピークだ。
夏はしっかり紫外線対策をするという人でも、秋冬は怠りがちだが、冬の紫外線の量だってあなどれない。特にスキー場は超危険地帯だ

最近、老化や成人病の大きな原因として「活性酸素」が注目されているが、紫外線は体内にこの活性酸素を発生させるもとになる。
→詳しくは「活性酸素って何だろう?」


紫外線によるシミはこうしてできる
シミはこうしてできる1 シミはこうしてできる2 シミはこうしてできる3 シミはこうしてできる4
1 紫外線を浴びる。 2 それに対する防衛反応としてメラニン色素がたくさんつくられ、肌は黒くなる。 3 メラニン色素はふつう28日周期の表皮の角化にともなって抜け落ち、肌色ももとに戻る。 4 しかし、日焼けの程度がひどい場合、表皮が壊れてメラニン色素が真皮に落ち込み、色素沈着を起こしてシミになる。
軽い日焼けでも、人によっては色素沈着を起こすこともある。
紫外線によるシワはこうしてできる
シワはこうしてできる1 シワはこうしてできる2 シワはこうしてできる3
1 紫外線を浴びる。 2 肌の弾力とハリを司るコラーゲンが断裂・変性する。コラーゲン産生量も低下する。 3 真皮が萎縮し、深いシワが出来る。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。