healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
ツラい!二日酔いの予防と対策

ヘルシーな飲み方を心がけてはいても、どうしても理性のタガがはずれてしまうこの時期。ツラいのは二日酔いだ。一体どうして二日酔いになってしまうのだろう。予防策、解決策はあるのだろうか。


二日酔いってどういうこと?

アルコールは肝臓で図のような過程を経て分解される。分解に要する時間は体重や体質によって異なるが、だいたい1時間にアルコール10cc分、日本酒に換算すると3合のお酒を処理するのに9時間かかることになる。
つまり、飲む量が多く、飲み終わる時間が遅ければ、翌日も体内にアルコールなどが残った状態が続くわけだ。これによって起こるのが二日酔いだと言われている。



二日酔いの予防策

予防策はひとつ。翌日まで体内にアルコールが残らない飲み方をすること。例えば、朝7時に起きる人なら、9時間前の前日午後10時までに3合以下の日本酒を飲むようにすれば いいのである。
ただし、個人差があるのでこれでも二日酔いになる人もいるだろう。 そういう人は、酒量をこれより減らすか、飲み終わりの時間を早くするか自分で調節してみよう。


二日酔いの症状が起こるワケ

●頭痛、吐き気

なぜ、頭痛や吐き気が起こるのか。アルコールが分解された第1段階のアセトアルデヒドのせいという説がある。肝臓の処理機能を超えるアルコールが摂取されると、処理できないアルコールは取りあえず血液中に取り込まれ体内を一巡りすることになる。アセトアルデヒドも同様だ。
アルコールから変わったものの、次の酢酸に分解しきれないアセトアルデヒドはアルコールと一緒に体内を巡り、体に悪影響を与えるのだ。その代表的なものが吐き気と頭痛というわけだ。

●体がだるくて起き上がれない
頭がぼうっとする

肝臓の働きのひとつに、体のエネルギー源となる糖を作る働きがある。ところが、大量のアルコールを分解するのに一生懸命になると、糖を作る働きがお留守になってしまうのだ。
このため、低血糖状態に陥ってしまう。このほか、アルコールで麻痺した脳が回復しきっていないということも考えられる。


二日酔い解消策の○と×

予防しようと思っても、なかなかできないのが人の性。なってしまってはしょうがない。何とかスッキリする方法を探すのみ。ただし、二日酔い解消の誤った常識もあるようだ。○と×で簡単に紹介しよう。

二日酔いに効く食べ物

もっとも効果があるのは、二日酔い用の胃腸薬。何かお腹に入れるなら、果汁のジュースなどがいい。
昔から酔い覚ましには柿がいいと言われているが、これにも一理ある。柿に含まれているカタラーゼという酵素は、アルコールの酸化を活発にさせ、アセトアルデヒドの分解を進める効果がある。また、柿に多く含まれる果糖が、低血糖状態の糖分補給にもなる。
このほか、ようかんなどの和菓子とお茶(お茶に含まれるタンニンの効果)、チョコレートなども効果があるようだ。頭痛の場合はコーヒーが効く。中枢神経を刺激して興奮させるカフェインの働きだ。

迎え酒を飲む

二日酔いの朝、迎え酒をするとスッキリするという。これには理由があるのだろうか。確かに、アルコールの摂取で一時的に血糖値が上がる。また、昨日飲んだアルコールが中枢神経を麻痺させているため、さらに飲んでも気分なども悪くなりにくいようだ。
しかし、これは一時的な気休め。迎え酒のアルコールも分解しなくはならない肝臓のことを考えよう。結局、二日酔いの症状を長引かせる効果しかないのである。

熱いシャワーを浴びる

熱いシャワーを浴びると血行がよくなり、体の中でのアルコールなどの分解も活発 になる。頭も少しはスッキリするはずだ。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。