healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
クスリの効き方のメカニズム

クスリは一体どんな仕組みで、私たちの病気を治してくれるのか。そしてなぜ、副作用などというものが起こってしまうのだろうか。

薬クスリは血液とともに体の中をかけめぐる

個々のクスリによって、そのメカニズムは異なるが、ここでは内服剤が口に入ってからの一般的な流れを見てみよう。

【吸収】

口から入ったクスリは、食道を通ってに入り、いったんここで分解される。しかし、ここではあまり吸収されず、大部分はその先の小腸から血液中に取り込まれ、門脈(消化管からの血液を集めて肝臓に運ぶ静脈)にいたる。内臓
【代謝】

肝臓に送られたクスリは、体の細胞に吸収されやすい形に変化したり、分解されたり、毒性を弱められたりする。こうした肝臓での化学変化のことを毒物代謝という。
【分布】

肝臓を通ったあと、クスリの成分は血液によって全身へ送られる。目的とする臓器(病気の部分)に着いて直接作用したり、または中枢や細胞の酵素代謝に働きかけて、病気を治す。
【排泄】クスリとして働き終えたものは、体外に排出される。水溶性のものは腎臓から尿として体外に出る。このほか、肝臓から胆汁中に出て便の中へ出るもの、呼気や汗、乳汁、唾液に出るものもある。

薬副作用はなぜ起こるのか

紙に表と裏があるように、クスリには病気を治す有効作用とともに、有毒な作用もある。これはクスリのもつ宿命でもあり、副作用を完全に避けることはできない。
以下は、副作用の主な原因だ。
  1. クスリの量が多いため

  2. 薬物アレルギーのため

  3. 主作用の過剰発現のため
    糖尿病治療薬で血糖値が下がりすぎたり、降圧剤で血圧が下がりすぎるなど

  4. 目的以外の二次的作用のため
    病気を起こしていないところにまで作用してしまうこと。たとえば、カゼ薬や鼻炎薬に含まれる抗ヒスタミン剤は、眠気や口の渇きを引き起こす

  5. 肝臓・腎臓の機能が衰えているため
    クスリの代謝・排泄がうまくいかない

  6. クスリ同士の相互作用のため
    2種類以上のクスリを服用した場合、効果が強くなりすぎたり、逆に効きが悪くなって病状を悪化させることがある

  7. 食品との相互作用のため
    (くわしくはここをクリック)


こんな人は“クスリ弱者” 使用の際にはご用心!

注意が必要な人起こりやすい副作用 注意ポイント
薬物アレルギーの人 特定のクスリに対するアレルギー反応で、たとえ少量でも起こる。先天的なものであることが多い。発疹・かゆみなどの症状が多いが、ショックを起こすことも。 過去にクスリや食品でアレルギーを起こしたり、家族にアレルギーの人がいる場合は、必ず医師や薬剤師にその旨相談する。抗生物質、解熱鎮痛薬などは副作用・薬物アレルギーを起こしやすい。
高齢者 肝臓や腎臓の機能が低下しているため、クスリが強く作用したり、体内に長く蓄積することがある。
またクスリを何種類も併用していることがあり、相互作用の問題もある。
量を少なめ(通常の成人の1/2〜1/3)に調整して飲む。
すでに他のクスリを飲んでいる場合は、相互作用による副作用を避けるため、そのクスリを持参の上、薬局などで相談する。
妊娠中あるいはその可能性がある女性 妊娠中のクスリの服用は、肝臓や腎臓に大きな負担がかかり、副作用をおこしやすい。お腹の赤ちゃんへの影響も心配。 赤ちゃんの脳や心臓などの器官が形成される、妊娠初期〜3、4ヶ月は特に注意。クスリがすべてダメなわけではないが、自分の判断だけで勝手に服用するのは絶対禁物だ。母乳にも出るので、授乳中の人もクスリは控えたほうがいい。
子供 肝臓や腎臓の機能が未発達、服用量を間違えると中毒のキケンがある。
細菌やウイルスに対する抵抗力も弱い。また新生児はクスリが脳へ移行しやすい。
【服用量の目安】0歳:成人量の1/8、6ヶ月:1/5、1歳:1/4、3歳:1/3、7〜8歳:1/2、12歳:2/3、15歳:成人量と同じ。
抗生物質や解熱鎮痛薬・強心剤・副腎皮質ホルモン剤などは副作用をおこしやすいので要注意。肝臓や腎臓の機能が未発達、服用量を間違えると中毒のキケンがある。

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。