healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
どう変わる!?
早わかり介護保険

平成12年4月からスタート(サービスも40歳以上の人は保険料の支払いも)した、介護保険。
高騰する老人医療費を抑制し、寝たきりなどの在宅老人のケアを公的に助けることが目的。
国民全体を巻き込んでいるらしい新しい制度をここでちょっと知っておこう!
ただし、この制度はまだ準備段階とも言えるモノ。
金額やサービスの種類などまだまだ流動的な部分が多いのだ。

介護保険とは
寝たきりや認知症で介護が必要(要介護状態)になったり、常時ではないが日常生活を助けてもらう必要(要支援状態)ができたとき、この介護保険からサービスが受けられる。
サービス(保険でもお金が支給されないので、医療保険のような感じ)が受けられる人は細かい規定はあるが、おおざっぱに言えば40歳以上の人。
65歳以上の人で年金が一定額以上の場合には、保険金はそこから天引きされる。
また40歳から65歳未満の人は加入している医療保険によって額が決められ、医療保険料と一緒に払うことになる。(厚生労働省で最終結論は出ていないが、2500円くらいと言われている。)

現実に「おじいさんが寝込んだ!ヘルプ!」となったら、市町村に要介護認定を申請する。
この秋にはじめて実施される国家資格試験に合格した「ケアマネージャー」が家族や本人と話し合い、日常生活状況を調査、医師の意見書と共に提出それが市町村で認定され程度が判断(金額の算出)される。
ケアマネジャーは今度は実際にサービス(介護やら、器具の貸し出し、住宅の改造など)の種類やスケジュールを家族や本人と相談し、計画、実際にサービスが受けられよう手配する。
算定された金額の1割は自己負担になる。

介護保険でこうなる!
Aさん一家[Aさん一家の場合]
ではここで、Aさん一家を例にとって、介護保険の費用・サービスをみてみよう。

Aさん一家の家族構成は左のとおり。父78歳は、認知症・寝たきりで要介護度5(過酷な介護)に認定される。 母72歳は、心臓、足腰が弱いが身の回りのことは自分でできる。杖は必要。要介護度0。

  主なサービス内容 介護保険の場合
(自己負担額)
 

1日4回の1時間の介護や排泄援助×3週 約46000円
(約4600円)
週1回の入浴介護×3週 約17000円
(約1700円)
週1回の巡回入浴×3週 約39000円
(約3900円)
週1回の訪問看護×3週 約15000円
(約1500円)
月の内1週間のショートステイ 約45000円
(約4500円)
レンタル代(ベッド、エアマット、車椅子、紙オムツ、尿取りパッド) 約23000円
(約2300円)
その他サービスを含めた
合計金額/月
約23万〜29万円
(23000〜29000円)
 

週1回の訪問リハビリ 約20000円
(約2000円)
デイサービス 約27000円
(約2700円)
杖の支給または貸し出し 約4000円
(約400円)
ベッド貸し出し 約8000円
(約800円)
浴室滑りどめマット 約1900円
(約190円)
その他サービスを含めた
合計金額/月
約6万円
(約6000円)

-

住宅改造(廊下、玄関、浴室、トイレの手すり、段差解消。) 約250000円
(約25000円)
(※1998年現在)

 

まだまだ不透明な介護保険
  • 心臓など疾患は、病気であるため医療保険で処置される分野。このAさんのお母さんのように、今現在、際だって生活に支障がない場合は、介護の分野に入らない。
  • 住宅改造や、杖の貸し出しなど、1回で終わるものについて、どのような形でお金が算出されたり、自己負担がかかってくるかはまだはっきりしていない。
  • 老人医療や保健関係者に聞くと、まだ完全にできあがっていない制度なので、各サービスの値段の設定や、地域間の各種の格差の解消は問題として残るようだ。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。