healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

アルコール処理能力の簡単な見分け方

欠損型か正常型かを判別

日本人には2型のアセトアルデヒド脱水酵素(ALDH2)(エタノールの中間代謝物質であるアセトアルデヒドを分解する酵素)が、遺伝的な変異によってその活性を失っている欠損型が約半数に見られます。

そこで、ALDH2が欠損型か、正常型かを見分けられることができれば、アルコール処理能力が分かります。これを見分けるための方法として、エタノールパッチテストがあります。
まず、消毒用アルコール(アルコール度数は70%)をガーゼに湿らせて、ひじの内側や横腹など皮膚の柔らかい場所にテープで貼ります。そして、7分ほど経ったらテープをはがし、さらに約10分ほど経過してから反応を見ます。張った部分が赤くなっていればALDH2欠損型で、皮膚の色が変化していなければALDH2正常型ということになります。

お酒を飲んでいない時に

ただし、この試験はお酒を飲んでいない時に行わなければなりません。また、運動直後やお風呂上がりも避けて、安静時に行うようにします。そして、貼ったテープの上を押えないなどの注意点を守って行えば、かなり正確に判定することができます。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。