お薬検索

イスパロクト静注用1500

基本情報

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

商品名 イスパロクト静注用1500
主成分 ツロクトコグ アルファ ペゴル (遺伝子組換え)
分類名称 血液製剤類
剤形 白色の粉末の注射剤
商品画像
製薬会社 ノボノルディスクファーマ株式会社
効能 血液凝固第VIII因子製剤であり、出血傾向を抑えます。
通常、血液凝固第VIII因子が欠乏している人の出血傾向の抑制に用いられます。
使用上の注意
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
  • 用法・容量
  • 添付の溶解液(溶解液シリンジ)を全量用いて溶解し、通常、1回に体重1kgあたり10~30国際単位をゆっくりと静脈内に注射しますが、状態に応じて適宜増減されます。
    定期的に使用する場合は、12才以上では、通常、体重1kgあたり50国際単位を4日おきに注射しますが、状態に応じて、体重1kgあたり50国際単位を週2回、または75国際単位を週1回注射します。12才未満では、通常、体重1kgあたり60国際単位を週2回注射しますが、状態に応じて、体重1kgあたり50~75国際単位を週2回または3日毎に注射します。
    いずれの場合も、必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 注射をし忘れた場合は医師や薬剤師に相談して、指示に従ってください。絶対に2回分を一度に使用してはいけません。
  • 誤って多く注射した場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で注射するのを止めないでください。
  • 生活上の注意
  • この薬の使用により、血液中に血液凝固第VIII因子に対する抗体(インヒビター)ができることがあります。インヒビターができると、この薬の効果が弱くなります。特に、この薬を使い始めの時期(注射した回数が少ない時期)や短期間に集中してこの薬を使用した時期にインヒビターができやすいことが報告されています。この薬の効果が十分でないと感じた場合には、ただちに医師に相談してください。
  • 副作用 主な副作用として、頭痛、発疹、関節痛などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
    このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 冷汗が出る、めまい、顔面蒼白(そうはく)、手足が冷たくなる、意識の消失 [ショック]
  • 全身のかゆみ、じんま疹、喉のかゆみ、ふらつき、動悸、息苦しい [アナフィラキシー]

  • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
    保管方法その他
  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、光の影響を防ぐために外箱に入れた状態で、凍結を避け、冷蔵庫(2~8℃)で保管してください。冷蔵庫に保管することが望ましいですが、冷蔵庫から取り出して40℃以下で保管した場合、使用期限を超えない範囲で以下の期間内は使用できます。
    30℃を超えない場合、冷蔵庫から取り出して12ヵ月以内
    30℃を超えた場合、冷蔵庫から取り出して3ヵ月以内
    冷蔵庫の外で保管したものは、再び冷蔵庫に戻さないでください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。残った薬や使用済みの医療機器などの廃棄については受け取った薬局や医療機関に相談してください。
  • 同じ薬効の薬を探す 血液製剤類
    同じ成分の薬を探す ツロクトコグ アルファ ペゴル (遺伝子組換え)
    同じ製薬会社の薬を探す ノボノルディスクファーマ株式会社

    ※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
    ※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。