お薬検索

タケルダ配合錠

基本情報

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

商品名 タケルダ配合錠
主成分 アスピリン、ランソプラゾール
分類名称 その他の血液・体液用薬
剤形 赤橙色~暗褐色の斑点のある白色~帯黄白色の錠剤、直径10.0mm、厚さ5.4mm
商品画像
製薬会社 武田テバ薬品株式会社
効能 アスピリンは、血小板シクロオキシゲナーゼ-1活性を阻害することにより、血小板凝集を抑制して、血液を固まりにくくし、ランソプラゾールは、胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することにより、胃酸の分泌を抑制します。
アスピリンは血液が固まって血管をつまらせるのを防ぎますが、胃・十二指腸潰瘍を起こすことがあるので、ランソプラゾールによってそれらを防ぎます。
通常、胃・十二指腸潰瘍の既往がある患者さんの、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳血管障害による血栓・塞栓形成や、冠動脈バイパス術(CABG)、経皮経管冠動脈形成術(PTCA)施行後の血栓・塞栓形成を抑えるために用いられます。
使用上の注意
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。消化性潰瘍、血液の異常またはその既往歴、出血傾向またはその素因、気管支喘息またはその既往症、肝障害またはその既往歴、腎障害またはその既往歴がある。アルコールを常飲している。手術・心臓カテーテル検査・抜歯を予定している。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
  • 用法・容量
  • 通常、成人は1回1錠を1日1回服用します。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 口の中では溶けない薬です。かんだり、割ったりせずに、必ず水と一緒に飲んでください。
  • 飲み忘れた場合は、気がついた時に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。
  • 生活上の注意
  • 消化管出血を誘発または増強することがあるので、アルコール類と一緒に飲むことはさけてください。
  • 副作用 主な副作用として、便秘、下痢、蕁麻疹、発疹、かゆみ、多形紅斑、むくみ、貧血、血小板機能低下(出血時間延長)、腹部膨満感、口内炎、吐き気、大腸炎、頭痛、めまい、興奮、結膜炎、女性化乳房、倦怠感、過呼吸、低血糖などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
    このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 全身の発疹、顔面のむくみ、息苦しい [アナフィラキシー、ショック]
  • 体がだるい、発熱、息切れ、鼻血・皮下出血、赤褐色の尿 [汎血球減少、無顆粒球症、再生不良性貧血、顆粒球減少、溶血性貧血、血小板減少、貧血]
  • 皮膚や白目が黄色くなる、体がだるい、食欲不振 [重篤な肝機能障害]
  • 発熱、全身倦怠感、皮膚・眼・口内に発疹ができる、赤くなる、皮膚がはがれおちる [中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、剥脱性皮膚炎]
  • 発熱、から咳、息苦しい [間質性肺炎]
  • 発熱、皮疹、関節痛 [間質性腎炎]
  • 頭痛、吐き気・嘔吐、意識障害、運動のまひ、血痰、血便、鼻血、視覚障害 [頭蓋内出血、肺出血、消化管出血、鼻出血、眼底出血]
  • 息苦しい、ヒューヒュー音がする [喘息発作]
  • 胸焼け、胃もたれ、背中の痛み、腹痛、下痢、血便 [消化性潰瘍、小腸・大腸潰瘍]

  • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
    保管方法その他
  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。
  • 同じ薬効の薬を探す その他の血液・体液用薬
    同じ成分の薬を探す アスピリン、ランソプラゾール
    同じ製薬会社の薬を探す 武田テバ薬品株式会社

    ※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
    ※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。

    薬効分類別数量

    各年代別の薬剤の処方数です。(2016年04月~2017年03月)
    ※厚生労働省の第3回NDBオープンデータ「外来(院外)_性年齢別薬効分類別数量」を基にしています。

    男性女性
    0~4歳00~4歳0
    5~9歳05~9歳0
    10~14歳3,95710~14歳1,451
    15~19歳8,82715~19歳9,327
    20~24歳8,83020~24歳7,694
    25~29歳12,70325~29歳11,963
    30~34歳36,94530~34歳22,690
    35~39歳120,08835~39歳41,255
    40~44歳405,46140~44歳104,447
    45~49歳872,72445~49歳183,881
    50~54歳1,357,11950~54歳319,381
    55~59歳2,125,57355~59歳485,249
    60~64歳3,419,47160~64歳989,629
    65~69歳6,293,41765~69歳2,303,094
    70~74歳6,287,47170~74歳3,102,403
    75~79歳6,688,38975~79歳4,425,818
    80~84歳5,807,89580~84歳5,111,728
    85~89歳3,182,42585~89歳4,172,162
    90歳以上1,158,24990歳以上2,577,417