お薬検索

ジクロフェナクNaローション1%「日本臓器」

基本情報

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

商品名 ジクロフェナクNaローション1%「日本臓器」
主成分 ジクロフェナクナトリウム
分類名称 鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤
剤形 無色~微黄色の澄明のローション剤
商品画像
製薬会社 日本臓器製薬株式会社
効能 皮膚から吸収され、患部における炎症や痛みの原因となるプロスタグランジンの産生を抑えることにより、炎症や腫れ、筋肉や関節の痛みを軽くします。
通常、変形性関節症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘など)、筋肉痛(筋・筋膜性腰痛症など)、外傷後の腫れ・痛みなどの鎮痛・消炎に使用されます。
使用上の注意
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。アスピリン喘息またはその既往歴、気管支喘息がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
  • 用法・容量
  • 通常、適量を1日3~4回患部に塗りひろげます。必ず指示された使用方法に従ってください。
  • 目や唇などの粘膜には使用しないでください。万が一、目に入った時はすぐに水またはぬるま湯で洗ってください。
  • 皮膚がはがれている部分に塗ると、しみたり、ひりひりしたりすることがありますので使用しないでください。
  • 塗ったところをラップなどでおおわないようにしてください。薬の作用が強くでることがあります。
  • 塗り忘れた場合は気がついたときに塗ってください。2回分を一度に使ってはいけません。
  • 誤って多く塗った場合は塗った部分をよくふき取ってください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で使うのを止めないでください。
  • 生活上の注意
  • 薬がプラスチックなどを軟化したり、装身具や家具などの塗料を溶かすことがあるので、注意してください。
  • 副作用 主な副作用として、皮膚炎、かゆみ、発赤、皮膚のあれ、刺激感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
    このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • じん麻疹、息苦しい、顔や舌・咽頭の腫れ [ショック、アナフィラキシー]
  • 使用部位の発疹、腫れ、水ぶくれ [接触皮膚炎]

  • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
    保管方法その他
  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、火気(エタノールを含むため)を避けて保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。
  • 同じ薬効の薬を探す 鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤
    同じ成分の薬を探す ジクロフェナクナトリウム
    同じ製薬会社の薬を探す 日本臓器製薬株式会社

    ※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
    ※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。