お薬検索

ゼポラステープ40mg

基本情報

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

商品名 ゼポラステープ40mg
主成分 フルルビプロフェン
分類名称 鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤
剤形 微黄色~黄色の膏体の貼付剤、大きさ10cm×14cm、支持体(肌色)
商品画像
製薬会社 三笠製薬株式会社
効能 皮膚から吸収され、プロスタグランジンの合成を抑制することにより鎮痛・抗炎症作用を示し、炎症を抑え、関節や筋肉の腫れや痛みをやわらげます。
通常、変形性関節症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘など)、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛があるときの鎮痛・消炎に用いられます。
使用上の注意
  • 以前に薬や食べ物で、かゆみ、発疹などアレルギー症状が出たことがある。アスピリン喘息または既往歴がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、大衆薬も含めて他に使用中の医薬品に注意してください)。
  • 用法・容量
  • 通常、1日2回患部に貼付します。本剤は1枚中に主成分40mgを含有します。必ず指示された使用方法に従ってください。
  • 傷や湿疹、発疹がある部位、粘膜には貼らないでください。
  • 貼り忘れた場合は、気がついた時、すぐに貼りかえてください。ただし、次の交換の時間に近い場合には、忘れた分を抜き、次回より指示どおり貼ってください。2回分を一度に貼ってはいけません。
  • 誤って多く使用した場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で使うのをやめないでください。
  • 生活上の注意
    副作用 主な副作用として、かゆみ、発赤、発疹、かぶれ、ヒリヒリ感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
    このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 呼吸困難、血管浮腫、蕁麻疹 [ショック、アナフィラキシー様症状]
  • 呼吸困難、喘鳴(ヒューヒュー音) [喘息発作の誘発(アスピリン喘息)]

  • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
    保管方法その他
  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、光、高温、湿気を避けて保管してください。開封後は開封口のチャックを閉じて保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。
  • 同じ薬効の薬を探す 鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤
    同じ成分の薬を探す フルルビプロフェン
    同じ製薬会社の薬を探す 三笠製薬株式会社

    ※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
    ※「薬検索:処方薬」では、「一般社団法人 くすりの適正使用協議会」が提供する「くすりのしおり®」のデータを利用しております。
    ※「薬検索:市販薬」では、セルフメディケーション・データベースセンターが提供するデータを利用しております。
    ※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックソリューションズ株式会社及びくすりの適正使用協議会、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。