お薬検索

リファンピシンカプセル150mg「サンド」

基本情報

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

商品名 リファンピシンカプセル150mg「サンド」
主成分 リファンピシン
分類名称 主として抗酸菌に作用するもの
剤形 赤色不透明/だいだい色不透明のカプセル剤、長径15.9mm、短径5.56mm
商品画像
製薬会社 ニプロファーマ株式会社
効能 抗生物質で、細菌のRNA合成を阻害することにより、結核菌や非結核性抗酸菌、ハンセン病の原因菌に対して殺菌作用を示し、細菌の増殖を抑えます。
通常、肺結核およびその他の結核症、マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症、ハンセン病の治療に用いられます。
使用上の注意
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。肝障害、胆道閉塞症がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
  • 用法・容量
  • 肺結核症・その他の結核症:通常、成人は1回3カプセル〔主成分として450mg(力価)〕を1日1回毎日服用しますが、感性併用剤がある場合は週2回の服用になることもあります。年齢・症状により適宜増減され、他剤と併用することが望ましいとされています。
    MAC症を含む非結核性抗酸菌症:通常、成人は1回3カプセル〔主成分として450mg(力価)〕を1日1回毎日服用します。年齢・症状・体重により適宜増減されますが、1日最大量は4カプセル〔600mg(力価)〕を超えません。
    ハンセン病:通常、成人は1回4カプセル〔主成分として600mg(力価)〕を1ヵ月に1~2回、または1回3カプセル〔450mg(力価)〕を1日1回毎日服用します。年齢・症状により適宜増減され、他剤と併用されます。
    いずれの疾患の場合も、原則として朝食前の空腹時に服用します。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 飲み忘れた場合は気がついた時にできるだけ早く飲んでください。ただし、次の通常飲む時間が8時間以内の場合は、忘れた分は飲まないで1回分を飛ばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。不規則な服用や飲み忘れは、治療を長びかせたり、アレルギー性の副作用を起こす原因にもなります。
  • 生活上の注意
  • 服用中は尿、便、唾液、痰、汗、涙などが橙赤色になることがあります。ソフトコンタクトレンズに色がつくこともあり、洗浄液でもとれませんので注意してください。
  • 副作用 主な副作用として、食欲不振、吐き気、嘔吐、胃痛、下痢、発疹、蕁麻疹、発熱、胃不快感などのかぜ様症候群、頭痛、手指のこわばり、黄疸、出血傾向などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
    このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 食欲不振、全身けん怠感、皮膚や白目が黄色くなる [劇症肝炎などの重篤な肝障害]
  • 発熱、寒気・戦慄、呼吸困難 [ショック、アナフィラキシー]
  • 顔や手足のむくみ、尿量減少、呼吸困難 [腎不全、間質性腎炎、ネフローゼ症候群]
  • 寒気・発熱、出血傾向、のど・頭・筋肉の痛み [溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少]
  • 腹痛、頻回の水様性下痢、発熱 [偽膜性大腸炎などの血便を伴う重篤な大腸炎]

  • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
    保管方法その他
  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。
  • 同じ薬効の薬を探す 主として抗酸菌に作用するもの
    同じ成分の薬を探す リファンピシン
    同じ製薬会社の薬を探す ニプロファーマ株式会社

    ※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
    ※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。

    薬効分類別数量

    各年代別の薬剤の処方数です。(2016年04月~2017年03月)
    ※厚生労働省の第3回NDBオープンデータ「外来(院外)_性年齢別薬効分類別数量」を基にしています。

    男性女性
    0~4歳2,9020~4歳2,067
    5~9歳1,7265~9歳0
    10~14歳4,25610~14歳3,927
    15~19歳34,53915~19歳28,053
    20~24歳112,71620~24歳74,802
    25~29歳134,06525~29歳98,781
    30~34歳117,17130~34歳97,898
    35~39歳132,94835~39歳136,504
    40~44歳187,09240~44歳229,610
    45~49歳240,12845~49歳351,153
    50~54歳261,04050~54歳551,574
    55~59歳355,38455~59歳983,514
    60~64歳576,12760~64歳1,598,987
    65~69歳995,60965~69歳2,445,221
    70~74歳980,33370~74歳2,037,252
    75~79歳1,041,87075~79歳1,917,922
    80~84歳825,01480~84歳1,295,057
    85~89歳452,56485~89歳663,292
    90歳以上161,27790歳以上270,253