お薬検索

スプレキュア点鼻液0.15%[中枢性思春期早発症]

基本情報

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

商品名 スプレキュア点鼻液0.15%[中枢性思春期早発症]
主成分 ブセレリン酢酸塩
分類名称 その他のホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)
剤形 無色澄明の点鼻液
商品画像
製薬会社 持田製薬株式会社
効能 下垂体-性腺系機能抑制作用があり、鼻腔内に噴霧後1~2週間で性ホルモンの分泌を抑え始め、以降使用を継続することで性ホルモンの分泌を抑え、卵巣機能あるいは精巣機能を抑えます。
通常、性ホルモンに依存する中枢性思春期早発症の治療に用いられます。
使用上の注意
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。診断のつかない異常な性器出血がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、大衆薬も含めて他に使用中の医薬品に注意してください)。
  • 用法・容量
  • 通常、1回あたり左右の鼻腔に各々1噴霧ずつ(ブセレリンとして300μg)1日3~6回使用します。必ず指示された使用方法に従ってください。
    ・使い方
     1)使用前に鼻をかみ鼻腔のとおりをよくしてください。
     2)やや下を向き、鼻腔に噴霧器を奥までまっすぐに入れてください。
     3)鼻から息を吸い込みながら、可動部が「カチッ」と音がし、止まるまで一気に噴霧してください。
     4)左右とも手早く同様の操作を行った後、速やかに頭を軽く後ろに傾け、薬剤が鼻の奥まで広く行きわたるように数10秒間、鼻から静かに呼吸してください。
     5)点鼻後は噴霧器をティッシュなどで拭きとり、清潔に保つようにしてください。
     6)使用後は、噴霧器が薬液瓶に固定され、しっかりと閉まっていることを確認の上、ケースに入れて保管してください。
  • 使い忘れた場合は
      (使用を開始してから1ヵ月くらいまで)
      指示された時間に使い忘れたら、気がついた時点で速やかに噴霧し、以後通常の噴霧スケジュールに戻ってください。ただし、次に使用する時間が近い場合は、時間をあけてできる限り1日3~6回使用するようにしてください。絶対に2回分を一度に使用してはいけません。
      (使用を開始してから1ヵ月以上すぎている場合)
      2~3日以内の使い忘れならば、その時点から噴霧を再開して、以後通常の噴霧スケジュールに戻ってください。絶対に2回分を一度に使ってはいけません。4日以上使い忘れたら、医師または薬剤師に相談してください。
  • 誤って多く使用した場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で使うのを止めないでください。
  • 生活上の注意
  • 治療中は定期的なホルモンの検査が行われます。必ず指示された検診を守ってください。
  • 副作用 主な副作用として、不正出血、女性乳房痛、脱毛などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
  • また、このお薬を別の病気(子宮内膜症・子宮筋腫)の治療に用いた場合、主な副作用として、ほてり、肩こり、頭痛、不正出血などが報告されています。
    まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
    このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • めまい、息苦しい、じんましん [ショック、アナフィラキシー様症状]
  • やる気がおきない、気分が落ち込む、不眠 [うつ症状]
  • 激しい胸の痛み、胸を強く押さえつけられた感じ、冷や汗 [狭心症、心筋梗塞]
  • 手足の麻痺、しびれ、しゃべりにくい [脳梗塞]
  • 腹がはる、下腹部の激しい痛み [卵巣のう胞破裂]

  • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
    保管方法その他
  • 乳幼児・小児の手の届かないところで、高温、湿気を避けて遮光して保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。
  • 同じ薬効の薬を探す その他のホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)
    同じ成分の薬を探す ブセレリン酢酸塩
    同じ製薬会社の薬を探す 持田製薬株式会社

    ※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
    ※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。