お薬検索

アンメルツNEOゲル 35g

基本情報

商品名 アンメルツNEOゲル 35g
商品特長 ●ジクロフェナクナトリウム+3種の血行促進成分を配合した、日本初の処方の肩こり薬●ジクロフェナクナトリウムが、痛みをしっかり鎮める●3種の血行促進成分が、肩こりの原因となる血の巡りを改善。肩こりを元から治す●臭いが気にならない無臭性●患部にさすりながら塗り込めるゲルタイプ
製薬会社 小林製薬
商品画像
包装単位 35g
希望商売価格(税抜) 1300円
OTC医薬品分類 第2類医薬品
小児用区分 大人用(大人(15歳以上)の用量・用法しかない)
剤形区分 その他
効能・効果 肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、関節痛、筋肉痛、腱鞘炎(手・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲、捻挫
分類 外用鎮痛・消炎薬(貼付・塗布薬)
用法・容量 1日3~4回、適量を患部に塗布する。
ただし、塗布部位をラップフィルムなどの通気性の悪いもので覆わない。
なお、本成分を含む他の外用剤を併用しない

(1)定められた用法・用量を厳守する
(2)本剤は、痛みやはれなどの原因となっている病気を治療するのではなく、痛みやはれなどの症状のみを治療する薬剤なので、症状がある場合だけ使用する
(3)本剤は外用にのみ使用し、内服しない
(4)1週間あたり50gを超えて使用しない
(5)目に入らないように注意する。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗う。
  なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受ける
(6)使用部位に他の外用剤を併用しない
(7)通気性の悪いもの(ラップフィルム、矯正ベルトなど)で使用部位を覆い、密封状態にしない
●皮ふの特に弱い方は、同じところに続けて使用しない
●スポーツや入浴など、汗をかく前・後に使用した場合、ヒリヒリとした刺激、痛みや熱感が増すことがあります。
これらの症状が強い場合は、石けんで洗い流すと緩和します
成分・分量 100g中
ジクロフェナクナトリウム・・・・・・・・・・1g
l-メントール・・・・・・・・・・・・・・・6g
トコフェロール酢酸エステル・・・・・・100mg
ノナン酸バニリルアミド・・・・・・・・・12mg
ニコチン酸ベンジルエステル・・・・・・・10mg

添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、乳酸、エタノールを含む
保管及び取り扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところ(冷暗所)にキャップをしっかりしめて保管する
(2)火気に近づけない
(3)小児の手の届かないところに保管する
(4)他の容器に入れ替えない(誤用の原因になったり品質が変わる)
(5)使用期限をすぎた製品は使用しない、なお、使用期限内であっても開封後はなるべく速やかに使用する
●プラスチック製品(眼鏡わく、くし、便座など)、化繊の衣類、木材(塗料塗り家具、床など)、皮革などに本剤がつくと損耗したり、シミになることがあるので注意する
●衣類に付着した場合には、各衣類の洗濯表示に従って、すみやかに洗う
してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

1.次の人は使用しない
(1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)ぜんそくを起こしたことがある人
(3)妊婦または妊娠していると思われる人
(4)15才未満の小児

2.次の部位には使用しない
(1)目の周囲、粘膜など
(2)皮ふの弱い部位(顔、頭、わきの下など) 
(3)湿疹、かぶれ、傷口
(4)みずむし・たむしなどまたは化膿している患部

3.本剤を使用している間は、他の外用消炎鎮痛剤を使用しない
4.長期連用しない
相談すること 1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談する
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の医薬品の投与を受けている人 ニューキノロン系抗菌剤

2.使用中または使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談する

関係部位/症状
皮 ふ /発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、痛み、刺激感、熱感、皮ふのあれ、落屑(フケ、アカのような皮ふのはがれ)、水疱、色素沈着

まれに下記の重篤な症状が起こることがある
その場合は直ちに医師の診療を受けること

   症 状 の 名 称  /     症状
ショック(アナフィラキシー)/使用後すぐに、皮ふのかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
               のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあらわれる

接触皮ふ炎、光線過敏症   /塗布部に強いかゆみを伴う発疹・発赤、はれ、刺激感、水疱、ただれなどの
               激しい皮ふ炎症状や色素沈着、白斑があらわれ、中には発疹・発赤、かゆみ
               などの症状が全身にひろがることがある。また、日光があたった部位に症状が
               あらわれたり、悪化することがある

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って
  医師、薬剤師または登録販売者に相談する
その他の注意 -
同じ薬効の薬を探す 外用鎮痛・消炎薬(貼付・塗布薬)
同じ製薬会社の薬を探す 小林製薬

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。