お薬検索

検索結果

  • 94件が該当
  • 並び順:

  • タケプロンOD錠15[ヘリコバクター・ピロリ除菌]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプを阻害し胃内のpHを上昇させることにより、抗菌薬の抗菌作用を高めます。
      通常、2種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
    • 製薬会社
      武田薬品工業株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンOD錠15[ヘリコバクター・ピロリ除菌]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプを阻害し胃内のpHを上昇させることにより、抗菌薬の抗菌作用を高めます。
      通常、2種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
    • 製薬会社
      武田テバ薬品株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンOD錠15[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      武田薬品工業株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンOD錠15[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      武田テバ薬品株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンOD錠30[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療に用いられます。
    • 製薬会社
      武田薬品工業株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンOD錠30[ヘリコバクター・ピロリ除菌]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプを阻害し胃内のpHを上昇させることにより、抗菌薬の抗菌作用を高めます。
      通常、2種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
    • 製薬会社
      武田薬品工業株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンOD錠30[ヘリコバクター・ピロリ除菌]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプを阻害し胃内のpHを上昇させることにより、抗菌薬の抗菌作用を高めます。
      通常、2種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
    • 製薬会社
      武田テバ薬品株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンOD錠30[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療に用いられます。
    • 製薬会社
      武田テバ薬品株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンカプセル15[ヘリコバクター・ピロリ除菌]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプを阻害し胃内のpHを上昇させることにより、抗菌薬の抗菌作用を高めます。
      通常、2種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
    • 製薬会社
      武田薬品工業株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンカプセル15[ヘリコバクター・ピロリ除菌]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプを阻害し胃内のpHを上昇させることにより、抗菌薬の抗菌作用を高めます。
      通常、2種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
    • 製薬会社
      武田テバ薬品株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンカプセル15[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      武田薬品工業株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンカプセル15[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
    • 製薬会社
      武田テバ薬品株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンカプセル30[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療に用いられます。
    • 製薬会社
      武田薬品工業株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンカプセル30[ヘリコバクター・ピロリ除菌]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプを阻害し胃内のpHを上昇させることにより、抗菌薬の抗菌作用を高めます。
      通常、2種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
    • 製薬会社
      武田薬品工業株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンカプセル30[ヘリコバクター・ピロリ除菌]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプを阻害し胃内のpHを上昇させることにより、抗菌薬の抗菌作用を高めます。
      通常、2種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
    • 製薬会社
      武田テバ薬品株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケプロンカプセル30[消化器用剤]

    • 効能
      胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療に用いられます。
    • 製薬会社
      武田テバ薬品株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タケルダ配合錠

    • 効能
      アスピリンは、血小板シクロオキシゲナーゼ-1活性を阻害することにより、血小板凝集を抑制して、血液を固まりにくくし、ランソプラゾールは、胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することにより、胃酸の分泌を抑制します。
      アスピリンは血液が固まって血管をつまらせるのを防ぎますが、胃・十二指腸潰瘍を起こすことがあるので、ランソプラゾールによってそれらを防ぎます。
      通常、胃・十二指腸潰瘍の既往がある患者さんの、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳血管障害による血栓・塞栓形成や、冠動脈バイパス術(CABG)、経皮経管冠動脈形成術(PTCA)施行後の血栓・塞栓形成を抑えるために用いられます。
    • 製薬会社
      武田薬品工業株式会社
    • 主成分
      アスピリン、ランソプラゾール
  • タケルダ配合錠

    • 効能
      アスピリンは、血小板シクロオキシゲナーゼ-1活性を阻害することにより、血小板凝集を抑制して、血液を固まりにくくし、ランソプラゾールは、胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することにより、胃酸の分泌を抑制します。
      アスピリンは血液が固まって血管をつまらせるのを防ぎますが、胃・十二指腸潰瘍を起こすことがあるので、ランソプラゾールによってそれらを防ぎます。
      通常、胃・十二指腸潰瘍の既往がある患者さんの、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳血管障害による血栓・塞栓形成や、冠動脈バイパス術(CABG)、経皮経管冠動脈形成術(PTCA)施行後の血栓・塞栓形成を抑えるために用いられます。
    • 製薬会社
      武田テバ薬品株式会社
    • 主成分
      アスピリン、ランソプラゾール
  • タピゾールカプセル15[ヘリコバクター・ピロリ除菌]

    • 効能
      胃酸の分泌に関与する胃粘膜のプロトンポンプと結合し、プロトンポンプを不活性化することによって胃酸の分泌を抑制します。
      通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助に用いられます。
    • 製薬会社
      科研製薬株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール
  • タピゾールカプセル15[ヘリコバクター・ピロリ除菌]

    • 効能
      胃酸の分泌に関与する胃粘膜のプロトンポンプと結合し、プロトンポンプを不活性化することによって胃酸の分泌を抑制します。
      通常、種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
    • 製薬会社
      テバ製薬株式会社
    • 主成分
      ランソプラゾール

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。