お薬検索

検索結果

薬効

「消化性潰瘍用剤」

絞り込み条件の追加
主成分



































製薬会社



























































  • 598件が該当
  • 並び順:

  • レバミピド錠100mg「サワイ」

    • 効能
      プロスタグランジンを増加することで、胃粘膜の血流量や胃粘液の分泌を増加させ、胃粘膜を保護・修復します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎・慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      沢井製薬株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド錠100mg「タカタ」

    • 効能
      胃粘膜のプロスタグランジン増加作用や胃粘膜保護作用により胃粘膜傷害を抑制し、胃粘液量や胃粘膜
      の血流量を増加させることにより炎症を抑え、胃粘膜を修復します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      高田製薬株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド錠100mg「タナベ」

    • 効能
      粘膜における活性酸素の消去作用とプラスタグランジン増加作用があり、粘膜血流・粘膜分泌・粘膜増殖を増加させることにより、粘膜を保護し損傷の修復を促進させます。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      ニプロESファーマ株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド錠100mg「トーワ」

    • 効能
      胃粘膜プロスタグランジンE2増加作用や胃粘膜保護作用により胃粘膜傷害を抑制し、胃粘液量や胃粘膜血流量の増加で血行動態の障害を改善し、炎症を抑え、胃粘膜を修復します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      東和薬品株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド錠100mg「ファイザー」

    • 効能
      胃粘膜のプロスタグランジンを増加することで、胃粘液量や胃粘膜血流量を増加させ胃粘膜を保護・修復します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      ファイザー株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド錠100mg「日医工」

    • 効能
      胃粘膜プロスタグランジンE2増加作用や胃粘膜保護作用により胃粘膜傷害を抑制し、胃粘液量を増やし、胃粘膜の血流をよくすることにより、炎症を抑え、胃粘膜を修復します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド錠100mg「杏林」

    • 効能
      胃粘膜プロスタグランジンE2増加作用や胃粘膜保護作用により胃粘膜傷害を抑制し、胃粘液量や胃粘膜血流量の増加で血行動態の障害を改善し、炎症を抑え、胃粘膜を修復します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      キョーリンリメディオ株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド顆粒20%「TCK」

    • 効能
      胃粘膜内のプロスタグランジンE2を増加させ、胃粘膜傷害の抑制作用を示します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      辰巳化学株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド顆粒20%「TYK」

    • 効能
      胃粘膜のプロスタグランジンE2増加作用および胃粘膜保護作用により胃粘膜傷害を抑え、胃粘液量や胃粘膜血流量を増加させ、炎症を抑え、胃粘膜を修復します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      テバ製薬株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド顆粒20%「日医工」

    • 効能
      胃粘膜プロスタグランジンE2増加作用や胃粘膜保護作用により胃粘膜傷害を抑制し、胃粘液量を増やし、胃粘膜の血流をよくすることにより、炎症を抑え、胃粘膜を修復します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      日医工株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド顆粒20%「アメル」

    • 効能
      胃粘膜プロスタグランジンE2増加作用や胃粘膜保護作用により胃粘膜傷害を抑制し、胃粘液量や胃粘膜血流量の増加で血行動態の障害を改善し、炎症を抑え、胃粘膜を修復します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      共和薬品工業株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • レバミピド顆粒20%「タカタ」

    • 効能
      胃粘膜のプロスタグランジン増加作用や胃粘膜保護作用により胃粘膜傷害を抑制し、胃粘液量や胃粘膜
      の血流量を増加させることにより炎症を抑え、胃粘膜を修復します。
      通常、胃潰瘍の治療、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      高田製薬株式会社
    • 主成分
      レバミピド
  • ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩徐放カプセル37.5mg「オーハラ」

    • 効能
      胃の細胞壁にあるヒスタミンH2受容体を遮断し、胃酸の分泌を抑えます。
      通常、胃潰瘍や逆流性食道炎などの治療、麻酔前投薬、および急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      大原薬品工業株式会社
    • 主成分
      ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩
  • ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩徐放カプセル37.5mg「オーハラ」

    • 効能
      胃の細胞壁にあるヒスタミンH2受容体を遮断し、胃酸の分泌を抑えます。
      通常、胃潰瘍や逆流性食道炎などの治療、麻酔前投薬、および急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ジェネリック株式会社
    • 主成分
      ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩
  • ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩徐放カプセル37.5mg「サワイ」

    • 効能
      胃粘膜の壁細胞にあるH2受容体を選択的に遮断することにより、胃酸やペプシンの分泌を抑制します。
      通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎の治療および急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変の改善、麻酔前投薬に用いられます。
    • 製薬会社
      沢井製薬株式会社
    • 主成分
      ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩
  • ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩徐放カプセル75mg「オーハラ」

    • 効能
      胃の細胞壁にあるヒスタミンH2受容体を遮断し、胃酸の分泌を抑えます。
      通常、胃潰瘍や逆流性食道炎などの治療、麻酔前投薬、および急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      大原薬品工業株式会社
    • 主成分
      ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩
  • ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩徐放カプセル75mg「オーハラ」

    • 効能
      胃の細胞壁にあるヒスタミンH2受容体を遮断し、胃酸の分泌を抑えます。
      通常、胃潰瘍や逆流性食道炎などの治療、麻酔前投薬、および急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変の改善に用いられます。
    • 製薬会社
      日本ジェネリック株式会社
    • 主成分
      ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩
  • ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩徐放カプセル75mg「サワイ」

    • 効能
      胃粘膜の壁細胞にあるH2受容体を選択的に遮断することにより、胃酸やペプシンの分泌を抑制します。
      通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎の治療および急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変の改善、麻酔前投薬に用いられます。
    • 製薬会社
      沢井製薬株式会社
    • 主成分
      ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩

※医薬品を使用するとき、疑問・心配があるときは医師、薬剤師にご相談ください。
※なお、当サービスによって生じた損害について、シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社及びくすりの適正使用協議会ではその賠償の責任を一切負わないものとします。