疾患・特集

日本はなぜ「ジャパン」か?~日本語について思うこと(2)(望月吉彦先生) - ドクターズコラム

大人の健康情報

望月吉彦先生

更新日:2018/10/09

本日(ほんじつ)は晴天なりと「ジャパン」の関係

本日は晴天なり

前回で音読み、訓読みの由来をご紹介しました。漢字の読み方は難しいですね。以前から、なぜ日本が外国では「ジャパン」と呼ばれているか疑問でした。それを少し読み解いてみようと思います。

我が国の名前ですが、元を正せば、大和地方にあった大和朝廷により国家統一がなされたので「大和」と書いて「やまと」と読ませ、それが国名でした。「大和」を「やまと」と読むのも難しいですね。
その後、大化改新の頃、「東の方(日出ずる方)」を意味する「日本」が国名として使われるようになりました。その「日本」を「やまと」と読ませていた時期もありました。日本武尊(やまとたけるのみこと)が有名ですね。
さらにその後、「日本」は音読み(中国読み)されるようになりました。正確に記すと三つの音読みがありましたが、今は「にほん」、「にっぽん」の二つしか残っていません(後述)。

さて、その二つ「にほん」「にっぽん」です。どちらが正式名称なのでしょうか?これには長らく論議がありました。2009年に当時の岩国哲人衆議院議員が「日本に、二つの読み方(名前)があるのはおかしいのではないか?」と、政府に質したところ、当時の麻生内閣は「ひとまず、どちらでも良い」と閣議決定しました。結局、どちらも正式名称として使って良いことになりました。
皆さんは、この二つの読み方をどのように使い分けていますでしょうか?ちなみに「国」として扱う時の読み方は正式に決まっていて、『大日本帝国』が国名だった時代は「だいにっぽんていこく」と呼ぶのが正式な読み方です。そして今の『日本国』では「にほんこく」が正式呼称です。

それはさておき、オリンピックで「日本ガンバレ」という時は、大抵「ニッポン」が使われます。「ニッポン チャ チャ チャ」、「ビバ!ニッポン!」のように「景気づけ」のような時に「ガンバレニホン」では何となくテンションが下がるような気がします。
一方、そういう景気づけるような話ではない時は、ほぼ「にほん」と呼称することが多いですね。「日本」を冠した病気は日本脳炎、日本住血吸虫症の二つしかありませんが、どちらも「にほん」です。
ちなみに、日本脳炎の原因ウイルスは「日本脳炎ウイルス:Japanese encephalitis virus」で、日本住血吸虫症の原因寄生虫は「Schistosoma japonicum:ラテン名:学名」です(参考文献2参照)。どちらも「ジャパン」が入っています。生物の学名はラテン語が使われます。しかし、ウイルスは生物かどうかも定かで無いため、ラテン名では無くて英語表記がされることが多いです。生物の学名で日本に関係するモノはジャパン系(japonicum、Japanese)の名前が付いていることが多いのですが、朱鷺(トキ)だけはなぜかニッポニアニッポン(Nipponia nippon)です。
なお、日本医師会、日本遺産、日本育英会、日本遺族会、などの団体や機構を示す場合も「にほん」と読むのが普通でしょう。日本外科学会、日本胸部外科学会、日本内科学会など学会名も、すべてを確かめたわけではないですが、ほぼ「にほん」でしょう。前回紹介した言語学者 小島剛一氏によると文化に関する言葉も「にほん」を使うことが多いですね。日本文化、日本料理、日本髪、日本語、日本茶、日本庭園、日本刀 などですね(http://fjii.blog.fc2.com/blog-entry-656.html)。

郵便切手にはNIPPONと記載されていますが、これは、日本が大日本帝国だった1877年(明治10年)に万国郵便連合に加盟した際、国名を切手にローマ字表記することを求められたので、当時の国名「大日本帝国:だいにっぽんていこく」に準じてNIPPONとなったのだと思います。今更、「日本国:にほんこく」になったから、すべての切手を「NIHON」にするのも面倒だから、そのまま使っているのだと思います。

さて、「東京2020オリンピック・パラリンピック」まで、あと残り2年になりました。いつごろから言い始めたのかは忘れましたが、日本代表チームには監督名や愛称を冠するようになりました。「ハリル・ジャパン」、「岡田ジャパン」、「侍ジャパン」、「なでしこジャパン」、「トビウオジャパン」などです。この辺りまでは、皆さんご存じかと思います。そのほかにも、

  • スマイルジャパン(アイスホッケー日本代表女子)
  • ポセイドンジャパン(水球日本代表男女共)
  • ムササビジャパン(ハンドボール日本代表男子)
  • おりひめジャパン(ハンドボール日本代表女子)
  • クリスタルジャパン(カーリング日本代表女子)
  • マーメイドジャパン(シンクロナイズドスイミング)

などがあります。なお、「ニッポン」を使っている競技もあります。

バレーボールは、男子が「龍神NIPPON」女子が「火の鳥NIPPON」です。
でも、ほとんどは「ジャパン」を使っています。私は、以前から「ジャパン」という言い方には疑問を持っていました。
外国で「日本」はなんて呼ばれるのでしょうか?

  • 英米:ジャパン(Japan)
  • フランス語:ジャポン(Japon)
  • ドイツ語:ヤーパン(Japan)
  • イタリア語:ジャッポーネ(Giappone)
  • ロシア語:ヤポーニヤ(Япония)
  • スペイン語:ハポン(Japón)
  • アイルランド語:アン チャパイン(an tSeapáin)
  • ポーランド:ヤポニヤ(Japonia)
  • タイ語:イープン(ญี่ปุ่น)
  • ポルトガル語:ジャポン or ジャパーン(Japão)
  • 中国語:ジーペン(中:Rìběn;日本)
  • 朝鮮語:イルボン(朝:일본;日本)
  • ベトナム語:ニャッバーン(Nhật Bản;日本)
  • スワヒリ語:ジャパニ(Japani)
  • フィンランド語:ヤパニ(Japani)
  • ギリシア語:イアポニア(Iaponia)

切りが無いので止めます。
「にほん」でも「にっぽん」でもありません。ほとんどが「ジャパン」系ですね。これは「昔の中国」での「日本」の読み方が世界中に伝わったからでしょう。マルコポーロの東方見聞録で日本「ジパング」として紹介されています。ジパングの「グ」は「国」の中国での読み方です。ですから、ジパングは「日本国」のことですね。

それはともかく、日本も中国での読み方(=音読み)を取り入れて「にほん」「にっぽん」と呼称し今に至りますが、こちらの読み方は外国には伝わりませんでした。
前回で紹介した「音読み」と「訓読み」という点から、「ジャパン」問題を考察してみましょう。私たちは、普段、訓読みや音読みを意識することはあまりありません。
「日」と「本」について、それぞれの読み方を整理してみます。

「日」の訓読み(日本古来の読み方)は、「ひ」か「か」です。「日」の音読み(中国語読み)は「にち:呉音」か「じつ:漢音」です。呉音と漢音では前者の呉音の方が古く、後者の漢音は遣隋使や遣唐使を通して伝わった読み方です。正式な読み方と称して「正音」ともいいます。実にややこしいですね。
「本」の訓読みは「もと」です。「本」の音読みは「ほん」「ぽん」「ぼん」の3通りあります。「本」については、呉音、漢音の違いはありません。
ですから、本来、「日本」を中国語読みすると、呉音なら「にほん」「にっぽん」に、漢音なら「じっほん」「じっぽん」です。ジャパンもジャポンもジパングも、この「じっぽん」系の言葉です。「本日は晴天なり」と言う時は「本日」は「ほんじつ」と発音します。逆読みすれば、「じつほん」です。その「じっぽん」系の読み方は、日本では駆逐されてしまいました。それはなぜでしょう?

「日葡辞書」(1603~1604:にっぽじしょ:脚注参照)には日本のことを

  • 「Iippon:ジッポン」
  • 「Nifon:にふぉん」
  • 「Nippon:にっぽん」

と3通りの記載があります。少なくともこの辞書が成立した1600年頃、日本はこの3通りに読まれていたのでしょう。それがいつの間にか、後者二つ「Nifon:にふぉん」「Nippon:にっぽん」しか残りませんでした。前述の如く、語頭の「日」を「じつ」と呼ばなくなったからでしょうが、それがいつのことかまったく不明です。

まとめると、日本は、元々は二通りある中国読みで「じっぽん:漢音」と「にほん、にっぽん:呉音」と呼ばれていたのが、現在は「呉音による中国語読み一辺倒」になっているという不思議なお話です。ちなみに、中国語読みは「嫌だ」と言う方もいらっしゃいます。そういう方は、日本のことを「ひのもと」「やまと」と呼称しています。言葉は、難しいですね。

とういうわけで、2020年には、東京でオリンピックが開催されます。
「ガンバレ、ニッポン!」
と唱えるとき、少しだけ今回のお話しも思い出してください。

注:日葡辞書
当時の日本語をポルトガル語、ラテン語で解説した辞典です。性的な言葉はラテン語になっていて、簡単には読めないようになっています。当時も今も使われている多くの言葉がローマ字表記されています。1600年当時の日本の言葉の発音がよくわかります。本物は横にローマ字で「Nifon」とありその横に、ポルトガル語で説明が書いてあります。ポルトガル語がわからないと読めないですね。そういうわけで、私が持っているのは、ポルトガル語を日本語に翻訳した日葡辞書(岩波書店刊)です。読んでいて飽きません。実に面白い辞書です。

【参考文献】

  • 高島俊男(著)「キライな言葉勢揃い(文春文庫)」 など
  • 日本住血吸虫症のウィキペディアの項は凄いです。引用文献が300を越えています。ウィキペディアの有名項目です。どの項目もこれくらい詳しければ良いですね。

望月吉彦先生

望月吉彦先生

所属学会
日本胸部外科学会
日本外科学会
日本循環器学会
日本心臓血管外科学会
出身大学
鳥取大学医学部
経歴
東京慈恵会医科大学・助手(心臓外科学)
獨協医科大学教授(外科学・胸部)
足利赤十字病院 心臓血管外科部長
エミリオ森口クリニック 診療部長
医療法人社団エミリオ森口 理事長
芝浦スリーワンクリニック 院長

医療法人社団エミリオ森口 芝浦スリーワンクリニック
東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング1階 プラザ 111 内
TEL:03-6779-8181
URL:http://www.emilio-moriguchi.or.jp/

※記事内の画像を使用する際は上記までご連絡ください。