疾患・特集

大人のADHD

ADHDは Attention-deficit/hyperactivity disorderの略号で、日本語の正式病名は注意欠如・多動性障害です。その名の通りで、ADHDの患者さんは不注意で多動で衝動的な行動を採るのが特徴です。以前は子どもに特有の発達障害の一種と考えられてきましたが、今では大人の患者さんも存在することがわかっています。

大人のADHDには不安障害やうつ病などが併存することが多い

写真:

Googleで「Adult ADHD」を検索すると、1億1,400万のサイトがヒットしました。因みに、COVID-19の57億サイトに比べればぐっと少なくなりますが、糖尿病(diabetes mellitus)が3,850万サイトですので、その3倍ですから大人のADHDに対する関心の高さがうかがわれます。
さて、皆さんはこの病気の正式名称をご存じでしょうか。ADHDは Attention-deficit/hyperactivity disorderの略号で、日本語の正式病名は注意欠如・多動性障害です。その名の通りで、ADHDの患者さんは不注意で多動で衝動的な行動を採るのが特徴です。以前は子どもに特有の発達障害の一種と考えられてきましたが、今では大人の患者さんも存在することがわかっています。

新規にADHDと診断された189人の患者さん(平均年齢35.2歳)を対象にスウェーデンで行われた研究では、約半数に不安障害やうつ病の併存が認められたと報告されています*1。また、健康関連QOLが低下している成人ADHD患者さんは、うつ病の症状が重い、女性である、学歴が低い、収入が少ないことと明らかな関係があることがわかったことから、この研究グループは精神疾患を伴う成人ADHD患者さんには、不安障害やうつ病が併存しないケースとは異なる特別なケアやサポートが必要と結論づけています。

個別化された介入を行うことが効果的

では、特別なケアやサポートとは具体的にはどのようなものでしょう。そのことに示唆を与えてくれる研究が、米国のコロンビア大学で行われました。この研究グループは、ADHDと診断された成人女性を対象に、7週間に亘る個別化されたプログラムでの介入の有効性について検討しています。このプログラムは、

  • 睡眠と起床、食事の準備と食事、学校の仕事の完了、翌日のバックパックの梱包、洗濯などの毎週のタスクの完了のための一貫した時間割を作成する
  • 環境(自宅、職場、学校、車、ハンドバッグなど)を整理するための時間を設定する
  • 日常活動に優先順位を付けし、活動に必要な時間を正確に予測し、電子的なリマインダーを使用して活動のon/offを明確化する
  • 内部および外部からの刺激を調整してストレスを回避する
  • 5〜10分の計画的な休憩、毎日のレクリエーションとリラクゼーションをスケジュールし、呼吸法、歩行、瞑想などを使用して多動や落ち着きのなさを減らす

ことで効果的なストレス管理スキルを身につけるというものです。この研究では、個別化介入を始めて1週後にはADHD患者さんのストレスと症状が軽減し、仕事におけるパフォーマンスと満足度が向上したと報告されています*2

板倉先生ワンポイントアドバイス

自分のやりたい仕事のパフォーマンスの向上や生活の満足度を高めることは、生きがいを感じる大切なことであり、その障害の一因であるADHDは、気が付かないでそのままにされていることも多いと思われます。周囲の人のサポートも大きな支えになるでしょう。

■参考文献

  • *1:Ahnemark E, et al. BMC Psychiatry 2018; 18:223
  • *2:Gutman SA, et al. Am J Occup Ther 2020; 74(1): 7401205010p1-7401205010p11
公開日:2021/06/02
監修:芝浦スリーワンクリニック名誉院長 板倉弘重先生