用語解説

ビタミンK

びたみんけー
脂溶性ビタミンの一種で、血液が固まるのを促進する作用がある。また、骨の形成を助けるといわれる。納豆や、ブロッコリー、ほうれん草などの緑黄色野菜のほか、のり、わかめなどの海藻類に多く含まれる。血液を固まりにくくする抗凝固作用を持つ血栓症の治療薬の中には、ビタミンKの摂取によって効果に影響が出るものがあるため、このような薬を服用している場合はビタミンKの摂取に注意する必要がある。
「ビタミンK」についてもっと調べる