おしえて先生

声が聞こえるのは、幻聴?強迫観念?

けい(#)・40~49歳女性 2009/03/19 投稿

現在、精神科に通院し、服薬治療を受けているものですが、セカンドオピニオンをお願いしたします。
14歳のころから精神的不調が始まったのですが、大学時代に、1年にわたってゼミの教師から学習態度を繰り返し罵られた声が、それ以降耳について離れず、30年たった現在でも、まるで壊れたテープレコーダーのように四六時中、頭の中でリフレインして聞こえてくるという症状があります。現実に体験した罵り声で、聴覚に聞こえてくるのではなく、頭の中で鳴る感じです。
何度か転医して相談してみましたが、医師によって、神経症の強迫観念と診断される先生と、統合失調症による幻聴と診断する先生とに分かれます。
当初、アルプラゾラムでその声はきれいに消失しましたが、やがてまた聞こえてくるようになったので、ペロスピロン塩酸塩水和物を足してもらったところ、これでも消失させることができました。けれども薬の服用をやめるとすぐにまた始まります。
幻聴ならば心理療法では根治させることは無理と思いますが、強迫観念ならカウンセリングを受けて症状を完全に消すことができるのはないでしょうか。カウンセリングを受けたほうがいいのでしょうか。それともカウンセリングは逆効果でしょうか。

カウンセリングの適応になるかどうかは診断によります。場合によっては、病態が悪化することも。

長期間の症状が続かれていて、さぞおつらい事と思います。神経症と統合失調症に診断が分かれているとの事ですが、強迫観念から幻聴に至る連続した流れがあると考えられますので、その段階によっては診断が両者に分かれる事はあり得ると思います。
強迫の場合、症状を完全に無くす事は難しく、7割の改善を目指す事が多い中、服薬で完全に症状が取れておられるのは、ラッキーな事だと思います。
カウンセリングで症状を完全に消したいと希望されていらっしゃるようですが、文面には、他の症状や生活状況の記載がなされていないため、カウンセリングの適応になるのかどうかはわかりません。自我のレベルによっては、カウンセリングによって病態が悪化することもあります。
精神病理学を専門にしておられる先生の診断を受け、カウンセリングの適応の可否を判定してもらわれるのが良いと考えます。その上で、カウンセリングを受ける事になった場合は、自費になると思いますが、病態の重い方のカウンセリングも経験されたことのある医師に受けられる事をお勧め致します。

ご回答いただいた

半田(伊藤) 容子 先生

ドクター
ご活躍の場所 八事クリニック 院長
ご専門 心療内科、精神科、医学博士、精神科専門医、精神保健指定医、日本精神分析学会認定精神療法医、認定産業医
ご経歴 名古屋大学医学部、名古屋大学大学院医学系研究科卒業
名古屋大学付属病院
愛知県立城山病院
生々会松蔭病院を経て
八事クリニックを開設
所属団体 日本精神神経学会、日本精神分析学会、日本うつ病学会、
日本精神病理・精神療法学会
先生からの一言 明るく穏やかな生活を奏でる為に、皆様のお役に立てたら幸いです。