おしえて先生

生まれつき頭に黒色のあざがあり最近白髪が増えてきています

トニー(#)・40~49歳女性 2008/02/26 投稿

小学5年生の息子です。生まれつき頭に黒色のあざがあり、4ヵ月の時に専門医に診ていただきました。隆起等がなければ問題がないと言われていましたが、最近になって白髪が増えてきてしまいました。あざの影響があるのか、それとも別の原因なのかと悩んでいます。
近くに専門医がなく、なかなか相談ができません。ご回答をお願い致します。

皮膚科の専門医に定期的に見てもらいましょう

頭部の黒いあざは、ほとんどが色素細胞の母斑です。つまり、大型の黒子(ホクロ)ですね。だから盛り上がってきます。直径が1センチメートル以上あれば、普通の健常な皮膚に比べ悪性腫瘍を発生する確率が高いといわれています。お尋ねの文章からは大きさがわかりませんが、皮膚科の専門医に定期的に見てもらいましょう。
また、白髪の件ですが、黒い母斑の部位に出ているのでしょうか?それともぱらぱらと頭全体に出ているのでしょうか?体のどこかに色が抜けているところはありませんか?黒子に対する免疫反応で黒子の周りが白く色が抜ける、「サットン白斑(はくはん)」という皮膚の病気である可能性があります。白髪の出来方次第で、免疫反応が起きていることも考えられるので、やはり、大学病院などの専門医を受診なさってください。

ご回答いただいた

市橋 正光 先生

ドクター
ご活躍の場所 アーツ銀座クリニック 院長
ご専門 皮膚科学(光線過敏症、皮膚がん、色素異常症、美容)、再生医療
ご経歴 神戸医科大学 卒業
神戸大学大学院医学研究科 修了
ロンドン大学皮膚科学研究所 留学
神戸大学医学部 教授
サンクリニック・サンケア研究所
森之宮医療大学抗加齢研究所長
再生未来クリニック・神戸 院長を経て、現職
所属団体 日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会、日本色素細胞学会、日本光医学・光生物学会、日本再生医療学会、日本抗加齢医学会、日本レーザー治療学会、NPO幹細胞治療研究機構、見た目のアンチエイジング研究会、細胞再生医療研究会、糖化ストレス研究会、国際医科学研究会、生命機能研究会、白斑研究会、日本コエンザイムQ協会、カシス協会
先生からの一言 人生を心身ともに健康に生きるには顔の肌のシミやシワなど、見た目の若さが大切です。そのためには太陽紫外線の有害性を知り、皮膚細胞のはたらきを高めることです。アンチエイジングであなたも若返りましょう。