健康用語辞典健康に関する用語を解説!

CEA(がん胎児性抗原)

しーいーえー(がんたいじせいこうげん)

胎児の消化器細胞にある、たんぱく質の一種。がん細胞が増殖している組織内からも作り出され、血液中で検出される。そのため、がんの治療効果や、再発の有無を確かめるための腫瘍マーカーとして測定される。ただし、高い値が検出されても、がんを発症しているとは限らない。そのため測定結果は、ほかの検査結果などとともに、総合的な判断の材料とされる。大腸がんや胃がんなどの消化器のほか、甲状腺や肺などのがんが検査の対象となる。

関連健康用語

ヘルスケアライブラリ

「CEA(がん胎児性抗原)」についてもっと調べる