healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

healthクリック > サプリを探せ > 区分

サプリを探せ 区分

栄養機能

「栄養機能食品」のこと。厚生労働省により2001年4月に定義されたもので、食生活の乱れなどで通常の食生活では不足しがちな栄養成分の補給、補完ができる食品を指します。特保(特定保健用食品)は個別商品ごとに厚生労働省から許認可が必要ですが、栄養機能食品はあらかじめ定めた規格基準を満たしていれば、企業が自主的に表示することができます。
具体的にはビタミン12種類と2種類のミネラルを一定の基準の範囲で含む食品のことで、栄養機能食品にはパッケージに栄養機能を表示することが認められます。
一方、医薬品との混同を防ぐ目的で「多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません」という注意喚起表示も義務づけられています。

ビタミン類
ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、 ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、ビオチン、パントテン酸、ビタミンC
ミネラル類
カルシウム、鉄

JHFA

JHFA

JHFA認定マークは、(財)日本健康・栄養食品協会による「健康補助食品の安全・衛生面、表示内容等について」の審査で、品目別規格基準に適合した製品に対してのみ表示が許可されています。

チェック項目は以下の3つ。

含有成分など製品規格
…指定検査機関において成分分析が行なわれ、1)外観・性状、2)規格成分含有量、3)安全・衛生の指標(微生物、重金属、残留農薬)などといった項目について細かく審査する。
製造・加工などの基準
…原材料や製造・加工施設、その管理にいたるまで細かい基準を設定、作業者の衛生管理なども含め、安全面における厳しい審査を行う。
適正な表示・広告
…表示事項、表示の方法、広告などについてもチェックし、まぎらわしい表現などで、ユーザーが戸惑うことのないようにしています。

医薬品

病気の予防や治療をするために、名称、成分、分量、用法容量、効能効果、副作用について、厚生労働省による審査を受け、その効果が認められることで製造・販売の許可を得た製品のことです。医薬品だけが「効果・用法・用量」を記載して販売することができます。

医薬品とは薬事法(第二条第1項)で以下のように定義されたものを指します。

  • 一 日本薬局方に収められている物
  • ニ 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、器具器械(歯科材料、医療用具及び衛生用品を含む。以下同じ。)でないもの(医薬部外品を除く)。
  • 三 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、器具器械でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く)。

食品

体に必要な栄養素は、1日に30品目を目標に食品をとっていれば、ほぼまんべんなくとれるもの。しかし、現代の生活では外食が多かったり食事が偏ったりしやすく、どうしても栄養不足に傾きがち。さらに最近では土壌の変化に影響されて、野菜に含まれるビタミンやミネラルが減少してきているとも言われています。

こうした現状にあわせ、不足しがちなビタミンやミネラルを効率よく補うために登場したのが「栄養補助食品」です。栄養補助食品の定義は、「栄養成分を補給し、又は特別の保健の用途に適するものとして販売の用に供する食品のうち、錠剤、カプセル等通常の食品の形態でないもの」とされており、 ・栄養成分の表示 ・過剰摂取等に対する注意喚起表示 ・1日当たりの摂取量の目安及び適切な摂取方法の表示 ・品質保持期限に関する表示 が義務付けられています。

医薬部外品

医薬部外品は、製造または品質管理に注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するものです。医薬部外品には薬理作用をおよぼす有効成分は入っていますが、その人体への作用はおだやかなものです、薬効成分の配合量が規制されているおり、超えると医薬品扱いとなります。

薬事法で「医薬部外品」とは、次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和なものであって機械器具等でないもの及びこれらに準ずるもので、厚生労働大臣の指定するものを言います。ただし、これらの使用目的のほかに、医薬品の二、三、に規定する用途に使用されることもあわせて目的とされている物を除きます。

  • 吐き気その他の不快感または口臭もしくは体臭の防止
  • あせも、ただれ等の防止
  • 脱毛の防止、育毛または除毛
  • 人または動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除または防止

  • ※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
    また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
  • ※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。