都道府県から探す




調剤薬局の選び方

かかりつけ薬局を持とう!

あなたはふだん、どこの調剤薬局で薬を受け取っていますか?

医療機関で診察を受けると調剤薬局をいくつか紹介され、一番近いところに受け取りに行くというケースが多いのではないでしょうか。そうすると、異なる医療機関で診察を受けるたびに調剤薬局を紹介され、あちこちの調剤薬局であなたの情報が管理されることに。

かかりつけ医という言葉を聞かれたことがあると思いますが、現在、調剤薬局においても同じように、かかりつけ薬局を1軒持つことが推奨されています

かかりつけ薬局を決めておけば、たとえば複数の医療機関に通院しているとき、それぞれから処方された薬によるよる相互作用はないか、過去にアレルギーの出た薬が処方されていないかなどをチェックしてもらえます。あなたの体質やこれまでに飲んだ薬の情報も一括管理されるので、安心して薬を服用することができます。

「でも、どこの薬局を選べばいいか分からない…」そんな人のために、調剤薬局の選び方のコツをお教えします。

「薬を出すだけ」ではない!

まず、かかりつけ薬局選びの目安となるのが「基準薬局」。日本薬剤師会がつくった制度で、薬歴管理や服薬指導の実施、休日夜間の対応や研修会への参加、ファクシミリや待合設備の設置など、地域の医療に貢献すべく積極的な薬局業務を行っている調剤薬局に与えられる認定制度です。また、単に処方箋を受け付けるだけでなく、調剤薬局はさまざまな機能を持っています。

たとえば、在宅医療を受けている患者さんに薬を届けると同時に、薬の説明はもちろん、薬に関する相談にも応じる訪問服薬指導を行う調剤薬局が増えています。在宅医療の普及とともに、従来、医療機関からのみ排出されていた点滴セットや注射器などの医療廃棄物が家庭でも使用されるようになり、その回収を担っている調剤薬局もあります。 身体障害者手帳を所持する人に医療費の一部を支給する制度として更生医療制度がありますが、その制度の実施機関として指定された調剤薬局であれば、給付を受けることが可能となります。

調剤薬局は薬を出すだけでなく、あなたの生活や健康をサポートするためのさまざまな活動を行っています。「職場や自宅に近い」というのも1つの選択肢ですが、より賢く調剤薬局を活用するためにも、healthクリック調剤薬局検索をぜひご活用下さい。