更年期障害

更年期障害

更年期障害の主な原因は、ホルモン量の減少にあります。40代後半から減少をはじめ、「急に顔がほてる」「大汗が出る」「疲れやすい」といった更年期障害のさまざまな症状があらわれます。女性には「閉経」という劇的な変化がありますが、男性の場合は非常に個人差が大きいようです。

ページトップへ

女性と更年期障害

更年期とは、閉経の前後5年、合計10年間を指し、一般には、45〜55歳の時期となります。更年期と呼ばれる年齢になったある日、疲れがなかなか取れない、あるいは気が滅入りやすい自分に気づいたら迷わず一度、病院へ行きましょう。

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ

PR

PR