冬の定番「みかん」はこんなにスゴかった!

日本人に身近な果物、みかん。ビタミンCが豊富なだけでなく、他のかんきつ類にはない成分βクリプトキサンチンが含まれている。その健康効果をご紹介!

日本人が食べる冬の定番果物「みかん」

コタツでみかん

「コタツでみかん」は、冬の団らん風景の定番。果汁が多く種がない、手で簡単に皮をむける温州みかんは、一人当たりの果物消費量でもかつて日本一となった。高度経済成長の後を追うように、昭和40年代に消費量が急速に伸び、昭和50年の3,587トンでピークをむかえた。消費量は年々減少したが、それでも日本人が大好きな冬の定番果物だ。

そもそも温州みかんは、遣唐使が持ち帰った原種が約500年前に突然変異を起こして生まれたといわれている。明治時代のはじめに栽培が急速に広まり、身近な果物となった。温州の名前は、みかんの産地で有名な中国の温州府から取られたものだが、実は温州はもちろん、中国や東南アジアにも同じ品種はない。欧米には輸出されて出回るなど、温州みかんは、日本を代表する果物といえるだろう。

かんきつ類は、免疫力を強くしたりストレスを和らげるビタミンCが豊富に含まれることで知られる。健康面で見ると、温州みかんには、他のかんきつ類にはない成分が含まれているのだ。そのひとつが、風邪予防によいシネフィリンという成分。そして、最近医師の間でも注目されている成分がβクリプトキサンチンである。

その他のかんきつ類

ポンカン、クネンボ(九年母)、甘夏、ハッサク、グレープフルーツ、ネーブルオレンジ・バレンシアオレンジ、イヨカン、ユズ、スダチ、カボス、シークァーサー、レモン、ライム など

生活習慣病予防の強い味方!?βクリプトキサンチン

βクリプトキサンチンは、みかんの黄色成分であるカロテノイド。カロテノイドとは、動植物に含まれる赤〜黄色の天然色素の総称で、抗酸化力が強く美容やがん予防に効果的な成分として知られている。身近なところでは、にんじんに多いβカロテンやトマトに多いリコピンなどと同じ仲間である。

独立行政法人 農業技術研究機構の果樹研究所カンキツ研究部が行った試験管内実験や、動物実験による研究の結果、βクリプトキサンチンは、βカロテンに比べてはるかに強い発がん抑制効果があることがわかったのである。とくに大腸がんの予防に役立つと考えられ、同研究部では、今年から人を対象にした臨床試験を始める予定だ。

もうひとつ、βクリプトキサンチンが威力を発揮しそうな病気が、骨粗しょう症である。ネズミを使った実験では、骨量が増えたとの報告もあり、骨形成を促す成分としては、これまで最も多いとされてきたビタミンK2よりはるかに強力である。

βクリプトキサンチンの特徴は、1日でその作用が消える他の食品成分と異なり、2ヵ月以上も影響が続くこと。冬場に食べたみかんのβクリプトキサンチンが、春も体を守ってくれるというわけだ。日本人、とくにみかん好きの人は、欧米人と比べて血液中のβクリプトキサンチン濃度が高いとも言われている。

みかんで予防効果が期待される病気はさまざま

果樹研究所ではまた、静岡県のみかん産地の消費者6,045人にアンケート調査を実施し、みかん摂取量と生活習慣病の相関関係を疫学調査している。その結果、みかんを多く食べる人ほど高血圧や糖尿病、心臓病、痛風になりにくいことがわかった。どの病気についても罹病率が低かったグループは、1日4個以上のみかんを食べていた。

みかんに含まれる主な栄養素と期待できる健康効果

【風邪予防】ビタミンA・C、シネフィリン、ヘスペリジン
【整腸作用】ペクチン、セルロース
【美肌作用】ビタミンC、クエン酸、ペクチン
【脳卒中予防】ヘスペリジン
【高血圧予防】カリウム

とはいえ、いくら体によいからといって、食べ過ぎるのは考えもの。摂り過ぎれば肌が黄色味を帯びてくる「柑皮症」になることもある。これはみかんに含まれるβカロテンが肌を黄色く着色するためで、とくに害はないが、ほかにも糖分の摂り過ぎなどになることがある。くれぐれも食べ過ぎには注意しよう。

みかんの皮を干したものは、陳皮と呼ばれる漢方薬。七味唐辛子などにも入っている。お風呂に入れると、体を温め、肌をすべすべにしてくれる。作り方は簡単。みかんの皮3〜5個分を天日に干してよく乾かし、刻んで袋に入れたものを浴槽に入れてお湯を沸かせばよい。

更新日:2005年1月24日

PR

PR