転ばぬ先の杖「予防接種」

天然痘、結核…。かつて人々を脅かした多くの伝染病が、ワクチンの開発により、あたかも地上から姿を消したかのように思われている。しかし近年になって、忘れ去られていた感染症がとつぜん、流行し始めてもいる。予防接種は大切な「転ばぬ先の杖」。感染を広げないためにも、なるべくなら受けておこう。

予防接種にはどんな種類があるの?

●生ワクチン

生ワクチン

生きたままの病原菌を、毒性を弱めてつくったワクチン。接種することでその病気にかかったときと同じ状態にし、免疫を作り出す。ただし、きちんと免疫ができるまでは時間がかかるので注意が必要。また、接種後は発熱、発疹などが起きやすい。
…BCG、ポリオ、麻疹(はしか)、風疹(ふうしん)など

●不活化ワクチン・トキソイド

ウィルスや細菌をいったん殺し、必要な成分だけを抽出してつくったワクチン。病原菌は体内で増殖しないので、何度か接種することで、細胞に抗原を記憶させ免疫をつくる。
…日本脳炎、DPT・DT(3種混合・2種混合)など

予防接種はみんなが受けなくてはいけないの?

もちろん、予防接種を受けることは義務ではない。厚生労働省は、ぜひ受けるように努力してほしい予防接種「勧奨接種」として以下の7つを挙げている。ちなみに対象者なら無料だ。そのほか、できれば受けておきたい任意の予防接種もある。

  接種回数 標準的な接種年齢 対象年齢
BCG 1回3〜4ヵ月4歳未満のツベルクリン反応陰性者
ポリオ 2回3ヵ月〜1歳6ヵ月3ヵ月〜7歳6ヵ月
DPT 3種混合
(DT 2種混合)
1期初回3回3ヵ月〜7歳6ヵ月
1期追加 1回1期終了後1年〜1年6ヵ月後3ヵ月〜7歳6ヵ月
2期(DT)1回小学校6年11〜12歳
麻疹(はしか) 1回1〜2歳未満1〜7歳6ヵ月
風疹(ふうしん) 1回1〜3歳未満1〜7歳6ヵ月
日本脳炎 1期初回 2回3歳6ヵ月〜7歳6ヵ月
1期追加 1回4歳6ヵ月〜7歳6ヵ月
2期 1回小学校4年9〜13歳
3期 1回中学校2年14〜15歳
インフルエンザ※ 1回
毎年接種が必要
65歳以上、60〜65歳の一部

※65歳以上、60〜65歳未満の人の一部には、「2類勧奨接種」とされている

できれば受けておこう(任意)

  接種回数 対象年齢
おたふくかぜ 1回1歳〜
水痘 1回1歳〜
インフルエンザ 13歳未満2回
13歳以上1回
毎年接種が必要
指定なし(通常6ヵ月〜)
A型肝炎 3回16歳〜
B型肝炎(母子感染予防) 3回0歳〜
B型肝炎(一般) 3回

予防接種は大人も必要なの?

●高齢者はインフルエンザワクチンを

高齢者

インフルエンザは重症化すると気管支炎、細菌性肺炎などを引き起こしかねない怖い病気。ワクチンは、その年の冬、流行する可能性のあるA型インフルエンザウイルス2種と、B型インフルエンザウイルス1種を混合したものが、毎年あらたに製造される。流行株とワクチン株が一致すれば、予防効果は期待できる。2001年の予防接種法改正以来、高齢者への接種が一部公費負担で実施されるようになった。

●妊娠・出産を考える女性は風疹、麻疹ワクチンを

妊娠・出産を考える女性

これから妊娠・出産をひかえる女性におすすめなのが風疹(ふうしん)、麻疹(はしか)ワクチン接種。ことに大人の麻疹は最近、日本各地でみられるようになり、油断はできない。また、1979年4月2日〜1987年10月1日生まれで、風疹にかかったことがない女性も、ぜひ予防接種を受けておこう。ただし、接種後3ヵ月間は避妊が必要。詳しくは専門医に。

●海外旅行前に予防接種を

海外旅行に行く人

このほか海外旅行に行くときにも、ぜひ予防接種を受けておこう。感染症が流行している地域を訪れる場合はなおさら。破傷風、A型肝炎、日本脳炎、ポリオ、ジフテリア、麻疹(はしか)、狂犬病の予防接種を受けたことのない人は、流行状況を調べたうえで、積極的に受けるとよいだろう(ただし、A型肝炎予防接種を受けられるのは16歳以上のみ)。 東南アジア、インド、南アフリカなど、入国に際し、黄熱ワクチンの接種済み証明書を求める国もある。

こんなときは接種を避けよう

不健康な状態では予防効果どころか、危険な状態に陥ることも。こんなときは予防接種を避けよう。

  • ●発熱している
  • ●重い急性疾患にかかっている
  • ●アレルギーを持っている
  • ●妊娠している

予防接種の実施は、市町村によって方法や時期が異なる。集団接種をおこなう場合もあれば、個別接種をする所もある。詳しくは地域の保健センターなどに問い合わせよう。

参考サイト:国立感染症研究所 感染症情報センター

更新日:2004年3月15日

PR

PR