汗によるいやなニオイ、これで解消!

暑い日は、汗をよくかきます。すると、気になるのが体のニオイです。とくにワキの下のニオイなどは気になってしまいます。ニオイをおさえる方法をご紹介します。

清潔志向が生んだ無臭の世の中

欧米人の体臭はきついと言われますが、これは肉食中心の食生活によるところが大きいようです。それに対して、日本人は比較的体臭の少ない民族です。
しかし最近では、日本人は、必要以上にニオイに敏感になっていると言われています。昔はとくに女性がニオイを嫌悪する傾向がありましたが、最近は男性でもかなり自分のニオイを気にする人が増えてきました。外出先であたりを見まわしてみても、鼻につくニオイはほとんどなく、また家庭でも消臭商品が売れているのは、清潔好きな日本人のニオイに対する嫌悪からでしょう。

これでニオイをシャットアウト!

体のニオイはこうすればおさえられます。

清潔にすること

当たり前ですが、こまめに清潔にしていれば、ニオイはかなりおさえられます。つまり、ニオイの原因となる細菌を洗い落とせばニオイは消えるのです。
まず、温水シャワーを浴びた後に冷水シャワーを浴びると毛穴がきゅっと引き締まって汗の分泌がおさえられます。足もとのニオイが気になる人は、足もとだけでも実行すると靴むれなどの嫌なニオイをシャットアウトできます。

高脂肪の食べ物をひかえる

肉や牛乳、チーズといった動物性脂肪の食事をとると、体内でエネルギーに変わり、体温を上昇させます。すると、汗が出やすくなり、ニオイの原因となる皮脂分泌を過剰にする傾向があります。
また、日常生活でストレスをためることが緊張状態になり、通常より汗が出やすくなります。ストレスをためない生活を心がけましょう。

制汗剤・消臭剤など市販の商品を上手に使う

制汗剤には、スプレーのほか、スティックタイプ、ロールオンタイプもあります。殺菌力の高いワキガ治療クリームや、ジェルタイプのものまでいろいろです。必ず皮膚を清潔にしてから使いましょう。また香り付きのものは体臭と混ざってかえって悪臭になりかねないので、無香性のものがおすすめです。
時と場合によって使い分けるのもよいでしょう。外出前には効果を長時間持続させる直接肌に塗りこむタイプ、外出先では汗を抑える効果のある制汗スプレータイプが携帯しやすくて便利です。また、お風呂上りには全身に使えるジェルやパウダーなどで汗を抑えてさらさらになりましょう。

わき毛の処理をしよう

ワキガ体質の人の多くは毛が多く、1つの毛穴から2〜3本の毛が生えているような人も少なくありません。乳輪の周りの毛が多かったり、乳輪部にツブツブしたふくらみがあることも多いようです。
ニオイが気になる人はわき毛を処理しましょう。わき毛が伸びたままだと湿っぽくて細菌の巣になりやすいからです。また、アポクリン腺の広がる部分が増え、ニオイが広がるもとになります。

それでも気になる人はワキガ手術もある

手術方法は大きく分けて2つあります。専門機関で相談してみましょう。

  • ●切開法
    皮膚を切ってアポクリン腺を除去します。入院が必要で傷跡も多少残るのですが、効果は高いです。
  • ●吸引法
    脂肪吸引と同じ方法でアポクリン腺を吸引します。傷跡はほとんどなく傷みも少ないです。手術時間は短くその日のうちに帰宅できるが、切開法に比べて効果は低いようです。
PR

PR