脱・「だる〜い」むくみ足!

長い間立ち仕事をしていると靴がきつくなることがあると思います。体内でうまく水分が循環されず、足に水分がたまってしまうため、むくんでしまうのです。むくみ解消法をご紹介します。

足のむくみの原因は水分!?

長い間立ち仕事をしていると靴がきつくなる場合があります。これは、体内でうまく水分が循環されず、足に水分がたまってしまうため。その結果、足が太く見える原因になります。

むくみを解消!三大原則

簡単にできる、むくみ解消法をご紹介しましょう。

こまめに体を動かす(歩く)

基本は体を動かすことです。デスクワークなど、じっとすることが多い人は汗もかきにくく、不要な水分が溜まりやすくなります。会社に行く時や家に帰る時、いつもより少し遠回りして歩いてみることをおすすめします。

足をまわす

お風呂に入ったら、湯船のなかで右足をできるだけまっすぐのばし、足首を左右10回ずつまわします。このとき左ひざをたて、両手で右足を支えながら行うとよいでしょう。左も同様に行います。

お風呂上がりのマッサージ

お風呂で温まった足を、つま先からふくらはぎのほうへなであげます。ぜひ毎日やりましょう。

それでも足がだるい時は?

足湯や温湿布もむくみが取れてスッキリします。ぜひお試しください。

足湯

足湯

43度くらいのちょっと熱めのお湯をバケツに入れ、服を着たままで椅子などに座って足をつけ、指を動かしてみたり、足首をまわしたりします。お湯がぬるくなってきたら、熱めの湯を足しましょう。

温湿布

温めることで細胞が活性化され、毛細血管が拡張し、血液の循環が良くなります。これでだるさがかなり取れるはずです。ただし、かぶれることもあるので、肌が弱い方は要注意です。ちょっとほてりがある場合などは、冷湿布もかなり気持ちいいですよ。

PR

PR