ふたつあった!春の体の悩みの原因

一年のなかでもいちばん元気でいられそうな春ですが、「眠い」「だるい」と体調に不安を感じる人が多いようです。実はこれらの体調不良は、「春」が原因。春は、「交感神経」と「副交感神経」の入れ替わる時期にあたるため、どうしても不安定になってしまうのです。

春ならではの悩みって?

寒い日もあるとはいえ、日に日に太陽の光が強くなって陽気もポカポカ。春は一年のなかでもいちばん元気でいられそうな季節ですが、「眠っても眠っても、まだ眠い」「なんとなくだるい」…と体調にちょっとした異変や不調を感じる人も多いようです。実はこれらの体調不良は、「春」が原因です。

気温の上昇とともに自律神経やホルモン代謝に乱れが!

2005年の東京の平均気温を例にとると、2月は約6℃、3月は約9℃、さらに4月になると約15℃へと、一気に春になっていくのがわかります。また、それにつれて日照時間も、2月より3月が約26時間、3月より4月では約41時間も長くなります。こういった気温や日照時間の変化が体にもさまざまな影響をもたらします。その代表的なものが自律神経とホルモン代謝です。

意識もしていないのに呼吸をし、心臓が動き、食欲が出る…。このような体内の基礎バランスを調整している自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。冬の間は「交感神経」が活発にはたらいて厳しい寒さに耐えていますが、夏になると体はリラックスモードになり、「副交感神経」が活発になります。春は、この「交感神経」と「副交感神経」の入れ替わる時期にあたるため、どうしても不安定になってしまうのです。そして、自律神経が不安定になると、ホルモン代謝も乱れやすくなります。このふたつが、春の体のちょっとした異変や体調不良の主な原因となっています。

進学・就職・昇進…うれしいこともストレス!?

春は出会いと別れの季節。今まで慣れ親しんだ環境から新しい環境へと移ったり、自分は変わらなくても周囲の人や雰囲気が変わったり…。意識している、いないにかかわらず、春は環境面でも変化が多いシーズンです。実際、春になると対人関係やストレスといった相談が増えるといわれています。

ストレスというと、ツライことや苦しいことといった暗いイメージがあるようですが、うれしいこと・楽しいことも、体にとってはストレスになります。そして、こうした環境の変化によるストレスは、メンタルな面だけでなく、体にも思わぬ負担をかけます。

PR

PR