活性酸素のリスクあり!紫外線の害から身を守ろう

紫外線を浴びることによってつくられるシミやシワにも活性酸素が関係し、皮膚ガンも活性酸素が引き起こしている。役に立つUVケア商品を知っておこう。

紫外線を浴びると、皮膚や目の老化につながる

地上に降り注ぐ紫外線。最も破壊力が強いUVCは波長が短いため地上までは届かないが、波長の長いUVA(色素沈着をつくるもとになる紫外線)UVB(赤くヒリヒリした日焼けをつくる紫外線)はオゾン層を通り抜けて地上にまで降り注いでいる。紫外線を浴びるとシミやシワなどが現れ、皮膚の老化が進行するが、これにも活性酸素が関わっているのだ。

紫外線を浴びて活性酸素が発生する

紫外線を浴びると皮膚に活性酸素が発生し、皮膚を構成する脂質を酸化させて過酸化脂質をつくりだす。ここに紫外線を吸収したメラニン色素が集合すると、シミをつくる原因となってしまう。また、皮膚の弾力をつくるコラーゲンや線維組織のエラスチンなども、紫外線を浴びると酸化して変性するため、弾力が失われてシワができやすくなる。特に、初夏から初秋の強い陽射しの下でたびたび強い紫外線を浴びていると、ヒドロキシラジカルや一重項酸素などの酸化力の非常に強い活性酸素が大量に発生し、皮膚がんを引き起こす要因にもなるため、注意が必要である。

また、紫外線は目に与える影響も大きい。紫外線を浴びて活性酸素が発生すると、目の水晶体を構成するヒアルロン酸が変性して、白内障を発症しやすくなる。また、陽射しの強い日に直射日光を浴びると、活性酸素の影響で結膜が傷つき、目のかゆみや痛みを感じたり、ものが暗く見えたりすることもあるのだ。陽射しの強い日には特に紫外線対策に気をつけ、皮膚や目を守るように心がけたい。

UVケア商品を利用して、紫外線の害を防ごう

紫外線を無防備に浴びていると活性酸素が発生して皮膚の老化を招くだけでなく、皮膚がんのリスクを高めかねない。しかし、皮膚にも自ら紫外線をシャットアウトするための自己防衛システムがはたらいているということをご存知だろうか?その大事な役割を担っているのが、皮膚の表皮にある「メラノサイト」という細胞。メラノサイトは、紫外線の侵入を阻むために「メラニン」という色素を作り出しているが、このメラニンが紫外線による活性酸素のダメージを引き受け、自らが酸化して黒くなることによって皮膚の細胞に酸化の被害が及ぶのを防いでくれているのだ。

このメラニン色素は新陳代謝によってアカとなってやがて取れていくのだが、紫外線を浴び過ぎてメラニン色素がたくさん作られると、シミとなって残ってしまう。また、陽射しが強いとメラニン色素のはたらきだけでは予防しきれないため、UVケア商品を利用していくのが有効である。UVケア商品を選ぶ目安としては、SPFとPA値を見てみよう。SPFはUVBからの日焼けを防ぐ効果の指数であり、SPF1は20分間UVBをブロックする。また、PAはUVAからの日焼けを防ぐ効果の指数であり、+〜+++がある。日常ではSPF20、PA++程度がよく利用されているが、状況に応じて強度の違うUVケア商品を使い分けるとよいだろう。

更新日:2004年4月19日

PR

PR