ここがポイント!花粉症対策「鼻」「目」

花粉症の代表的な症状があらわれるのが「鼻」「目」です。「鼻」「目」に有効な対策についてご紹介します。花粉症の症状はシーズンが終わると引いていきますが、鼻づまりを放っておくと「鼻性注意不能症」になることもあります。シーズン中はしっかり症状を抑えて、快適な春を迎えましょう。

花粉症対策:鼻のポイント

鼻づまりを放っておくと「鼻性注意不能症」に!

花粉症の症状はシーズンが終わると引いていきます。しかし、鼻づまりの場合は、対策をとらないでいると、頭がぼーっとしたり、集中力が低下する「鼻性注意不能症」になることもあります。しっかり症状を抑えておくことが必要です。対策を怠らず、快適な春を迎えましょう。

冬〜春先に耳鼻咽喉科で診断を

花粉症と症状の似ているものの代表例として「蓄膿症」がありますが、蓄膿症は細菌感染による炎症であり、アレルギー性の鼻炎症状とは異なります。適切な対策のためには、何が原因で鼻の諸症状が起きているのか、耳鼻咽喉科で検査をするとよいでしょう。

  • ●鼻鏡検査
    特殊な器具によって鼻の穴を開き、直接鼻の粘膜の状態を目で確かめる。正常な鼻の粘膜は薄いピンク色だが、アレルギー症状があると、うっ血や充血により赤くなる。
  • ●鼻汁細胞検査
    鼻水を採取し、顕微鏡で好酸球の有無を調べる。好酸球はアレルギー反応が起きたときに血管からしみ出す白血球の一種。鼻汁の中に見られれば、アレルギー反応あり。
  • ●血液検査
    血液のIgE抗体の濃度を調べる。アレルゲンが侵入すると血液中にIgEという抗体が増える。花粉シーズン以外で濃度が高ければ、花粉以外のアレルギーであることも。
  • ●X線検査
    アレルギー以外の要因を調べる検査。鼻の奥の状態がX線によって、しっかり写し出されるため、鼻の奥の炎症なども調べられる。

蒸気を吸い込むと楽になる「温熱療法」

自宅で簡単にできる対策法として「温熱療法」というのもあります。温熱療法は体温より少し高い42〜43度の水蒸気を1回に10分ほど、1日数回吸い込む方法です。最近では、家庭用の小型の蒸気吸入器も発売されているので、症状がひどい場合には利用してみてはどうでしょうか。ただし、あくまでも治療のメインとなる方法ではないので、補助的に利用しましょう。

花粉症対策:目のポイント

目薬は抗アレルギー効果のあるものを

花粉シーズンの目のケアは、目の際やまつ毛などにも花粉がついていることがあるので、まず顔を洗ってから目薬を使うようにしましょう。
最近では、クロモグリク酸ナトリウムやマレイン酸クロルフェニラミンなどの抗アレルギー作用のある薬を薬局で買うことができます。普通の目薬よりも花粉症に適しているので利用してみるとよいでしょう。症状がひどすぎる場合にはステロイド配合の目薬もありますが、作用が強いので、必ず眼科医に相談して処方してもらって利用しましょう。

コンタクトはどうしたらいい?

最近では、コンタクトを利用している人も多いです。しかし、コンタクトをつけていると目とコンタクトの間に花粉が入り込み、長時間目が花粉に接することになるため、症状が悪化することがありみあす。症状がひどい場合には、外出時には目をしっかりガードする花粉症用のメガネをかけるなど工夫をしましょう。また、抗アレルギー用の目薬などを利用する場合には、コンタクトをいったん外して、5〜10分してから装着するようにします。

冷あん法で目の症状を抑える

目のかゆみや充血が激しいときには、冷やしたタオルを閉じたまぶたの上に数分間当て、これを数回くり返す「冷あん法」もおすすめです。局所に冷たい刺激を与えることで、知覚神経のはたらきを一時的に鈍らせ、かゆみの症状を抑えることができます。

花粉症対策:薬のポイント

どんな薬が効果的?

花粉症シーズンには、症状に合った薬を正しく選んで、飲みつづけることが大切です。
抗ヒスタミン剤などは眠気の副作用があるので服用を控えていた人も多いと思いますが、眠気が抑えられるタイプも発売されています。また、水なしで飲める手軽なタイプなどもあるので、上手に利用すると花粉症シーズンのストレスも軽減できるでしょう。
薬の開発は日進月歩。以前に利用してみたが、あわなくてそれきりという人でも、自分にあうものが見つかる可能性もあります。改めて、医師や薬剤師に相談してみてはいかがでしょうか?

PR

PR