あなたの「眠り」、本当に大丈夫?

日本人の睡眠時間は年々減少していると言われ、不眠症の疑いのある人は2人に1人とも。その一方で、眠れないときにお酒に頼るなど、睡眠障害に対する日本人の意識の低さが、大規模なアンケート結果から浮き彫りになった。

日本人の半分が不眠症!?

「春眠暁を覚えず」…朝、いつまでも布団の中でまどろんでいたいというのが多くの人の気持ちだろう。
睡眠は心身を休ませるために欠かせないもの。深い睡眠中には「成長ホルモン」と呼ばれる物質が分泌される。成長ホルモンは子供の成長だけでなく大人でも肌や血液の新陳代謝を高め、細胞の修復を助けている大切な物質だ。さらに、白血球などの免疫システムも睡眠時に活性化することがわかっている。

■全体的に見て、あなたは
よく眠れていると思いますか?
グラフ:全体的に見て、あなたはよく眠れていると思いますか?
出典:睡眠実態調査2002

このように、私たちの体にとって大切な睡眠。私たちは実際によく眠れているのだろうか?
日本人の睡眠の質を調べる大規模なアンケート調査の結果が、日本睡眠学会で発表された(実施2002年3月/集計採用10,424件)。
まず、「全体的に見て、あなたはよく眠れていると思いますか?」という質問に対し「はい」と答えた人が全体の約8割、「いいえ」と答えた人が約2割だった。

しかし、さらに細かく質問していくと、全体的な睡眠の質について「満足している」と答えた人が43.4%で、実際は半数以上の人が睡眠に対して何らかの不満をもっているということがわかった。また、総睡眠時間に対して「十分である」と答えた人は34.4%。残りの約65%の人は「足りない」と感じている。

■全体的な睡眠の質 グラフ:全体的な睡眠の質 出典:睡眠実態調査2002

■総睡眠時間 グラフ:総睡眠時間
出典:睡眠実態調査2002

日本人の睡眠時間が年々減少していることは、NHKが5年ごとに行っている「国民生活調査」からもうかがえる。2000年の平日の平均睡眠時間は7時間23分。調査開始以来40年間で50分も短くなっている

■睡眠時間の時系列変化 グラフ:睡眠時間の時系列変化
出典:国民の生活時間・2000 NHK放送文化研究所・編

また同睡眠実態調査では「アテネ不眠尺度」という睡眠のトラブルに関する自己評価も行っている。その結果、「不眠症の疑いが少しある」と「不眠症の疑い」を合わせると全体の49.4%を占めていた。「全体的に見て、あなたはよく眠れていると思いますか?」という質問で「いいえ」と答えた人が2割程度しかいなかったことを考え合わせると、多くの人が不眠や睡眠障害に対して無自覚であることがわかる。

正しく理解していますか?「眠るための方法」

■不眠を解消するために
どのような行動をとりましたか?(10ヵ国平均)
グラフ:不眠を解消するためにどのような行動をとりましたか?(10ヵ国平均)
出典:睡眠実態調査
世界中の人々はどのように眠っているか?(2002)

さて眠れないとき、あなたはどんなことをするだろうか?睡眠実態調査は同時に世界10カ国で実施されたもので、そのなかに眠るためにしていることをたずねた項目もある。それによると、不眠解消の方法として10ヵ国の平均では、「何もしていない」人が53%、以下「睡眠薬服用」「医師に相談」と続く。

不眠解消法はそれぞれ国によって異なり、興味深いデータとなっている。「医師に受診」した割合はポルトガル、オーストリア、南アフリカなどで半数を超えているのに対し、日本ではわずか7.8%。逆に「アルコール飲料を飲んだ」と答えた人は30%で日本人がトップだった。

■睡眠薬の服用 グラフ:睡眠薬の服用

■医師に受診 グラフ:医師に受診

■お茶やコーヒーを控えた グラフ:お茶やコーヒーを控えた

■ハーブティーを飲んだ グラフ:ハーブティーを飲んだ

■アルコール飲料を飲んだ グラフ:アルコール飲料を飲んだ

出典:睡眠実態調査
世界中の人々はどのように眠っているか?(2002)

アルコールは寝入りをよくするが、作用が持続しないため、途中で目が覚めてしまうことが多い。またアルコールによる睡眠はその質も悪く、依存性も高いためだんだん量が増えていく危険性もある。睡眠の専門医は「楽しむための飲酒はよいが、眠るための飲酒は絶対に止めるべきである」と警鐘を鳴らしている。

あなたの眠りは大丈夫?

あなた自身の睡眠についても、チェックしてみよう!より質の高い睡眠の確保を目指すためにも、ぜひ自分の睡眠の「健康法」についてもっと知ってほしい。

更新日:2003年3月10日

みなさんの感想

Loading...
PR

PR