あなたにも聞こえていますか?「死の四重奏」

「肥満」「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」は、生活習慣病のなかでも「死の四重奏」と言われています。それは、これらの病気が互いに合併することが多く、脳卒中や心筋梗塞などの危険率を著しく高めるから。やっかいなことに、自覚症状がないまま進行してしまうのです…。

生活習慣病って?

いまやすっかり定着してきた「生活習慣病」という言葉。もともとは、「成人病」と言われていたことはご存知の方も多いはず。どんな病気かと言えばその名の通り、体の負担になるような生活習慣を続けることによって、引き起こされる病気の総称だ。
以前は、成人がかかりやすかったのだが、食生活や生活習慣の変化によって、病気の低年齢化が進み、今や子供でもかかるほど。
これらの生活習慣病は、初期段階では自覚症状が出にくいものもあり、気がつかずに放っておくと心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こし、死につながることもあるのだ!

生活習慣病の進行 生活習慣病の進行
出典:「2002生活習慣病のしおり」生活習慣病予防研究会編

「死の四重奏」を奏でていませんか?

生活習慣病の中でも、特に「肥満」「高血圧」「高脂血」「糖尿病」は『死の四重奏』と呼ばれている。それは、これらの病気が互いに合併しやすく、しかも合併することでより加速度的に動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こしかねないからである。

また、これらの病気は「サイレントキラー」とも呼ばれ、自覚症状がないまま密かに病状が進行し、心疾患や脳血管疾患などの重大な病気を引き起こしてしまう可能性大。
そうならないためにも、生活習慣病の初期症状とも言える、『死の四重奏』を奏でないようにすることが肝心なのである。

こんな生活習慣がアブナイ!

体に悪影響を与える生活習慣と言えば、たいてい想像はつくだろうが、いま一度自分の生活が以下のような項目にいくつ当てはまるか、見直してみよう。当てはまる項目が多いほど、生活習慣病への道は近い。
生活習慣でも特に食事、運動、休養、喫煙、飲酒の習慣が病気の鍵を握っている。あなたはどうだろうか。

こんな生活が危険を招く!

  • 仕事が忙しく、外食が多い
  • 朝食を抜くことが多い
  • 夜遅く食事をしたり、夜食をとることが多い
  • ジュースや甘いものをよく口にする
  • 1日1時間以上、歩かない。自分でも運動不足だと思っている
  • 「ストレスが溜まっているなあ」と自分で感じる
  • 毎日、日本酒2合以上(ビールなら大ビン1本以上)飲んでいる
  • たばこを吸う

更新日:2003年2月3日

PR

PR