こんな自覚症状には要注意!早期発見でがんに打ち勝つ

がんは、ある程度病巣が大きくならないと症状らしい症状が出てきません。でも、何となく不調を感じ、念の為に検査を受けたらがんだった…というケースも多くみられます。がんの前兆かもしれない症状と主ながん検診をまとめました。

主ながんの自覚症状

よく原因のわからない出血や痛み、体を触ってみてしこりを感じるようなことがあったら、病院で検診を受けましょう。

部位 症状
肺がんせきが続く、たんに血が混じる、胸や背中が痛むなど
喉頭がんのどが何となくおかしい、声がかすれる、のどの痛みなど
胃がん胃の具合が悪い、食欲がない、食べ物の好みが変わるなど。ただし、胃がんの場合、これといった自覚症状がないことも多いので、定期検診をきちんとうけることが大事
食道がんものを飲み込むとき、つっかえたり、しみるような痛みを感じる
大腸がん無症状のことが多いが、便秘または下痢が続く、便に血液が混じる、腹痛などが起こることもある
肝臓がん上腹部の圧迫感や痛み、おなかが張った感じがする。また、体重が減ったり黄だんがおこることもある
腎臓・ぼうこうがん上腹部の鈍痛や不快感のほか、尿に血が混じることもある
乳がん乳房にしこりができる。また、乳首からほんのちょっと出血があることも
子宮がん早期には自覚症状がないことが多いが、おりものや出血があることも
脳腫瘍早朝や起床時に吐き気を伴う頭痛がおこることが多い

主ながん検診

各自治体では定期的にがん検診を実施していて、ほとんどの場合は無料、もしくは小さな費用負担で受けられます。会社などに勤めている人は、職場でがん検診を申し込める場合もあるので、積極的に受けることをおすすめします。

がん検診の結果が「陽性」(がんの疑いあり)だった場合、精密検査を受けて、より詳しく調べる必要があります。

がん死亡率の減少が確認された検診方法

対象臓器 効果のある検診方法 対象年齢 受診間隔
胃X線40歳以上1年に1回
大腸 便潜血検査、大腸内視鏡40歳以上1年に1回
胸部X線と喀痰細胞診(喫煙者のみ)の併用40歳以上1年に1回
乳房 視触診とマンモグラフィ(乳房X線)の併用40歳以上の女性2年に1回
子宮頸部 細胞診20歳以上の女性2年に1回

出典:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター

PR

PR