治るがんと危ないがん

日本人の死因のトップはがん。しかし、その一方でがんを克服する人も増えています。

日本人の3割弱が、がんで死亡!?

日本人の死因

1位がん28.7%
2位心疾患15.2%
3位肺炎9.4%
4位脳血管疾患8.7%

年代別死因の第1位

1〜14歳不慮の事故及びがん
15〜39歳自殺
40〜89歳がん
90歳〜心疾患

出典:平成27年人口動態調査(厚生労働省)

上は、日本人の主な死因と全体に占める割合を表にまとめています。これを見ると、全体の3割弱をがんが占めていることがわかります。また、年代別死因では、40歳以降はがんがトップです。

治るがんと危ないがん

がん部位別死亡順位

順位男性女性
1位肺がん肺がん
2位胃がん大腸がん
3位肝臓がん胃がん
4位大腸がん膵がん

出典:平成27年人口動態調査(厚生労働省)

上記は、日本のがん死亡の部位別の順位を示したものです。これを見ると肺がん、胃がん、肝臓がん、大腸がんは命にかかわる可能性が高いことがわかります。
もうひとつ、表を見てみましょう。

5年相対生存率(1993年〜2008年診断例)

部位男性女性
全部位59.166.0
口腔・咽頭57.366.8
食道36.043.9
65.363.0
大腸(結腸・直腸)72.269.6
肝および肝内胆管33.530.5
膵臓7.97.5
喉頭78.778.2
27.043.2
乳房(女性のみ)-91.1
子宮-76.9
卵巣-58.0
前立腺97.5-
悪性リンパ腫62.968.5
白血病37.841.3

出典:地域がん登録によるがん生存率データ(国立がん研究センター がん対策情報センター)

5年生存率というのは、がんの治療をしてから5年以上生存する割合ということで、がんそのものはほぼ「完治」したとみなすことができます。
先ほど挙げた、胃がん、大腸がんはこの割合も高いようです。胃がんや大腸がんの場合、早期の段階では治療がしやすく治りやすいようです。つまり、発見が早いか遅いかが重要になります。

PR

PR