がん細胞の産みの親は活性酸素!?

体内の細胞が突然変異してできたといわれるがん細胞。活性酸素が細胞の遺伝子を書き換えて、突然変異を起こすのではないかと考えられています。

体内の細胞は分裂を繰り返す

人生約80年。といっても、体内すべての細胞の寿命が80年間というわけではありません。脳細胞を除く体内の細胞はすべて、人間が生きている間、何度も生死を繰り返しています。この営みが「新陳代謝」です。

古い細胞が死んで、まったく同じ新しい細胞が生まれるのは、細胞の設計図ともいえる遺伝子(DNA)があるからです。ところが、この過程で狂いが生じ、まったく別物の細胞が産まれる突然変異が起こることがあります。

活性酸素が細胞を「がん」化する

活性酸素は「酸化」という分子レベルの攻撃を行うため、DNAを構成する物質を変質させて、傷をつけてしまうことが可能です。つまり、別の細胞が再生される突然変異を起こす原因のひとつなのです。ただし、突然変異の細胞が産まれただけで、すぐにがんになるということはありません

発がんのプロセスは、次の図のように3段階あります。この1段階と2段階で、活性酸素が重要な役割を果たしています。

第1段階●イニシエーション(初期化)

イニシエーション(初期化)

第2段階●プロモーション(促進期)

プロモーション(促進期)

第3段階●プログレッション(進行期)

プログレッション(進行期)

PR

PR