浄水器の選び方

色々な種類のある浄水器なので、どれを選べば良いのか悩むところです。選ぶ際のポイントをまとめました。

浄水器のタイプ

浄水器は、値段もタイプもさまざまで、お店に行ってもどれにするか迷ってしまいますね。
手軽につけられる家庭用浄水器には、主に次の3つのタイプがあります。いずれも塩素の臭みをのぞいて、「おいしい水」にする効果があります。
それぞれの特徴を知って、どれを選ぶかは自分次第です。

とにかく手軽に使いたい!
活性炭吸着タイプ

いろいろなものを吸着する性質がある活性炭で、残留塩素や有機物、臭いなどを除去することができます。発がん性のあるトリハロメタンもある程度は取り除けます。

注意する点:活性炭の量と質によって、不純物の除去効率が異なるので、この点をよくチェックします。

「キレイな水」を最優先
活性炭吸着+中空糸膜ろ過タイプ

中空糸フィルターの、1本1本の糸がホースのようになっていて、その壁面には小さな穴が数千億個もあり、まるでスポンジのようになっています。このフィルターを通過するときにサビや汚水による赤水を処理し、雑菌類も除去できるので、活性炭吸着のみのものより浄化性能が高いです。

注意する点:ろ過率が高い分、このタイプの浄水器を通すと流水量が少なくなるようです。

水量はある程度欲しい…
セラミックろ過タイプ

多くは活性炭吸着もプラスされています。セラミックを活性炭とあわせて、フィルターとして利用し、臭い・有害物質などを取り除きます。

注意する点:中空糸膜によるものよりも水の流量は多くとれますが、その分浄化性能が少し劣ります。

浄水器で大切なのは「ケア」!

せっかく良い浄水器を買っても、ケアを怠れば効果は格段に低くなります。それどころか、かえって「危険な水」を作り出してしまうことにもなりかねません。

フィルターは早めに交換すること

上で紹介したタイプの浄水器は、価格的にも手ごろで、数千円くらいから購入できるものが多いです。しかし、定期的にフィルターを交換しないと逆効果になってしまいます。

ここが危ない!

  • フィルターの活性炭も長期間使用すると、不純物の吸着機能が低下します。
  • 吸着機能が落ちると、トリハロメタンのように吸着しにくいものは、吸着しやすい残留塩素と入れ替わって、活性炭から水中に溶け出してしまいます。

しばらく浄水器を使っていなかった場合、十分放水してから使います

旅行などで留守にして、2〜3日以上浄水器を使用しなかった場合、2〜3分間は十分に放水するようにしましょう。

ここが危ない!

  • 浄水器を使用しない間、たまってしまった水に雑菌が繁殖している恐れがあります。

高い浄水器はどこが違うの?

いくら、おいしくて安全な水のためとはいえ、数万円〜数十万円とやたら高価な浄水器がありますが、普通の浄水器とどう違うのでしょうか。その違いは、より健康効果が高いと言われている水をつくり出せることにあります。
ですが、注意すべきはそれらも半永久的に使えるものではないということです。やはり1年〜2年おきに、分解掃除などメンテナンスをする必要があります。したがって、購入する際には、「自分はどんな効果を期待しているのか?」「メンテナンスがしやすいか?」などを十分確認してから選ぶといいでしょう。

  • ●ピュアウオーター=蒸留水をつくるタイプ
    不純物をほぼ100%除去し、蒸留水(ピュアウオーター)など、純度の高い水を精製します。これに必要なミネラル分を添加する機能をつけ、理想的な水を手にいれます。
  • ●アルカリイオン水をつくるタイプ
    アルカリイオン水については、厚生労働省でも「飲用すれば、胃腸内異常発酵、慢性下痢、消化不良、胃酸過多などに有効である…(1965年)」と認めています。また、最近ではアトピーなどに効果があるという報告もあり、治療のために摂取を勧めている病院もあるようです。
  • ●電解水・電子水をつくるタイプ
    水に電圧などをかけて、水の分子集合を小さくしたのが「電解水・電子水」。これも体に良いと言われています。
PR

PR