冷え性改善!冷たいところは我慢せずに温める

冷えを感じるようになったら、まずはその部分を温かくしてあげるのが一番です。冷え性改善の衣服の工夫をご紹介します。また、体を温めるならお風呂に入るのが一番。しっかり体を温めるお風呂の入り方をまとめました。

夏も冬も衣服はゆったり、手足は暖かく

冷え性のつらさは、なった人でないとわかりません。特に手足の先など、冷えが高じてしびれや痛みを伴って、仕事にも集中できないしすぐイライラしてしまうなど、余計なストレスの元になってしまうこともあります。
冷えを感じるようになったら、まずはその部分を温かくしてあげるのが一番です。また、衣服は体をしめつけないゆったりしたタイプのものを重ね着して、温度変化には脱ぎ着して調節するようにしましょう。

冷え性改善の衣服の工夫

  • 夏、家にいるときも靴下をはきます。
  • 冬の外出は重装備で体を冷やさないようにします。
  • 冬、ウォーキングなどのスポーツをするときも最初は重ね着で温かくします(暑くなったら脱いで調節しましょう)。
  • 夏、冷房の効いた職場なら、カーディガンやひざかけなどを常備します。

体を温めるお風呂の入り方

お湯の熱さは?

  • ●40℃前後が適温
    入ってすぐは「ちょっとぬるめかな?」と感じるくらいの40℃前後が適温です。熱いお湯にどっぷりつかってすぐに出てしまうのでは皮膚しか温まらず、すぐに湯冷めしてしまうので×。

入浴剤は?

  • ●気分に合わせて使い分けを
    ドラッグストアなどに所狭しと並ぶ入浴剤です。即効性はありませんが、香りなどを楽しみながらゆっくりお湯につかるためのお助け商品と考えましょう。何種類か購入して気分によって使い分けてみるのもいいでしょう。
  • ●果物の皮や、野菜の葉っぱで
    みかんやレモンなど柑橘類の皮や、大根の葉っぱなどにも保温効果があります。よく乾燥させ、ガーゼで作った袋に入れてお風呂に入れるだけです。できるだけ、無農薬、ノーワックスのものを選ぶようにしましょう。
  • ●お酒や、お酢で
    ちょっともったいないですが、お酒やお酢風呂も効果的です。お酒やお酢には毛穴の脂肪や老廃物などを溶かし出し、新陳代謝をよくするはたらきがあります。普通の浴槽ならコップ3杯くらいが適量です。

湯船の入り方

  • ●お風呂に入る前のかけ湯は念入りに
    お風呂につかるのはけっこうハードな運動です。かけ湯を念入りに行うことは、その準備運動の代わりになります。
  • ●どっぷりタイムは15〜30分
    体が十分に温まるお風呂の時間は15分〜30分くらいです(途中で出て体を洗ったり、一休みしてもOKです)。つかるのは「胸元」くらいまでがいいようです。
  • ●つかりながら、足指体操を
    お風呂につかりながら、普段動かさない足の指を開いたり閉じたりしてみましょう。足の指の付け根には自律神経の通り道があるので、動かすことで活性化させることができます。ただし、足マッサージはお湯の中ではやらないようにしましょう。

入浴後の注意点

  • ●湯冷めに気をつけて
    入浴後すぐは体がポカポカ。「パジャマ1枚でもいいか」なんて気になってしまいますが、これは湯冷めのもと。せっかく温まった体が急速に冷え、かえって冷え性を悪化させることになります。特に油断しやすいのが足元です。お風呂上がりにも靴下をはくようにしましょう。

そのほかの工夫

  • ●足先のひどい冷えには足湯も効果的
    足湯など部分浴をするときは、ちょっと熱いお湯(42℃〜43℃)のほうが効果があります。深いバケツなどにお湯を入れて5〜6分足だけつかります。このとき、足の指の曲げ伸ばしなどしてみましょう。お湯が冷めやすいので、やかんなどに熱湯を入れて少しずつさし湯をして調節します(やけどに注意)。
    足湯の後は、湿り気を拭き取ってすぐに靴下をはいて保温します。
PR

PR