歯ブラシ・歯みがき粉の通になる!

次々に新らしい製品が出る歯ブラシや歯みがき粉。選ぶためのポイントを考えてみましょう。「安いから」「よく宣伝しているから」ではなく、「自分の歯に良いから」という視点で、しっかり選べてこそ「通」です。

歯ブラシ選びのポイント

●目的をハッキリさせて買う

買おうとしている歯ブラシで、アナタは何をしようとしているのでしょうか?歯垢をしっかり落としたい、歯と歯のすき間もしっかりみがきたい?
みがきにくい奥歯用、歯周ポケット用、それぞれで選ぶべき歯ブラシは違うはずです。
まずは何をしたいのかをハッキリさせましょう。そして必要なら、用途別に何本かそろえるのも楽しいでしょう。

●ブラシはふつう〜硬め 目的に応じて柔らかめもそろえる

「かたい・ふつう・やわらかい」とわかれていることが多いのですが、歯垢(プラーク)を落としやすいことから、ふつう〜硬めのものを選びたいものです。あまり柔らかいものでは、毛先がネバネバ歯垢に対抗しにくいようです。ただ硬いというだけではなく、弾力性のあるものを見つけましょう。
すでに歯周病などで歯ぐきにトラブルが発生している場合は、柔らかめのものにしましょう。

●ロン毛よりショートカット!

ブラシの毛の長さはブラッシング方法にもよりますが、毛先を軽くあて小刻みに動かす方法では「短め(10mm以下)」の方が効果的です。

歯みがき粉選びのポイント

選ぶ際の成分のポイントは以下の通りです。

歯みがき粉 効用のポイント
フッ素入りフッ素は歯を強くし虫歯の予防に効果があります。
アパタイト入りC1程度の初期の虫歯に、歯の成分であるアパタイトが沈着して、虫歯が修復されると言われています。しかし唾液にも同様の効果があります。
液体歯みがき主な目的は、口の中をスッキリさせるため。細菌の増殖をおさえる薬用の成分が入ったものは、ドラッグストア・スーパーなどで買えます。
酵素入り酵素が歯垢(プラーク)を分解するといわれています。
血行促進剤入り歯ぐきの血行を良くすることで歯周病の予防効果があります。

歯ブラシの替え時は?

歯ブラシ1本、どのくらいの期間使っていますか?
歯垢(プラーク)を落とすという目的を考えると、歯ブラシの寿命は1ヵ月ほどです。毛先がひらいてしまうと、ブラシが目的の場所にうまくあたらず、次に示す通り、歯垢を落とす効率がいちじるしく下がってしまいます。また、毛先が開いていなくても、1ヵ月使うと弾力性が失われ、毛先そのものが傷んでいるので、やはり歯垢は落としづらくなっています。

あなたが使ってるのはどの歯ブラシ?

新しい歯ブラシ
新しい歯ブラシ

替え時歯ブラシ
替え時歯ブラシ

役立たず歯ブラシ
役立たず歯ブラシ

歯ブラシ1本と自分の歯1本ではどちらが大切ですか?「もったいないから」で、歯垢の落とせないブラシを使い続けると、自分の歯の将来が「もったいない」ことになりかねません。健康づくりの道具には、必要なお金をかけるようにしましょう。

役立たず君では、こんなに効率が悪い!

相対歯垢除去率

このグラフが示す通り、毛先が開いてしまった「役立たず」の歯ブラシでは、新しい歯ブラシの約60%しか歯垢を落とすことができません。毛先が痛んでしまったものを使っていては、せっかく頑張ってブラッシングをしても、60%の効果しか得られないのです。

PR

PR