眼底・眼圧検査とは?眼底・眼圧検査の結果からわかること

眼底の血管は外から見ることができる唯一の血管です。眼底の検査は単に眼の検査にとどまらず、内科的なチェックをすることができます。眼底・眼圧検査の正常値と、異常な場合に考えられる病気について紹介します。

眼底・眼圧検査で何を調べるの?

検査名 見つかる異常・病気
眼底検査 網膜など、眼の病気
頭蓋骨内の病気
動脈硬化の診断
腎臓病、糖尿病による血管の病変
白血病による血管の障害
眼圧検査 緑内障
網膜剥離、脈絡剥離

眼は内臓の窓!

眼底の血管は外から直接見ることのできる唯一の血管です。眼底検査では眼球の奥の、網膜や脈絡膜、血管・視神経の出入り口を観察・撮影することが可能です。そこに現われる症状から網膜剥離、視神経疾患、糖尿病性網膜症、くも膜下出血、硬膜下出血はもちろん、脳腫瘍、動脈硬化、高血圧症なども発見できます。

特殊な検査眼鏡を用いて、眼球の奥をのぞく方法が一般的です。散瞳薬(さんどうやく)を用いずに眼底撮影をする場合などは、どちらかというと眼球の病気だけでなく、内科的なチェックをしていると考えてよいでしょう。

眼底・眼圧検査の結果からわかること

さて、あなたの検査結果は何を語っているのでしょうか?
※注:検査の数値はあくまでも「めやす」です。不安があれば必ず、詳しく調べるようにしましょう。

検査 正常 異常で疑われる病気
眼底検査 KW0度以下 高血圧、動脈硬化、糖尿病の合併症の有無、脳腫瘍、くも膜下出血、網膜炎
眼圧検査 10〜21 (高値)緑内障、(低値)網膜剥離、脈絡剥離

美しい眼になろう

  • たばこを控える
  • 糖尿病を起こす高い血糖値をおさえる
  • 体にストレスをためない
  • ビタミン豊富なバランスの良い食事を摂る
  • 眼を酷使しすぎない
PR

PR