この鍋を食べよう!症状別・おすすめ鍋

鍋は楽しみ&健康の王様です。具体的に、症状(目的)別・おすすめの鍋をご紹介します。お困りのあなたは鍋を食べるときに意識してみましょう。

症状別・おすすめ鍋

症状 おすすめ鍋 ポイント
高血圧 海鮮鍋 エビ・カニ・ホタテ・タコ・イカなどに含まれるタウリンがコレステロール値を下げ、血圧を一定に保ちます。ただし、食べすぎには注意しましょう。
貧血、疲れ目 柳川鍋 どじょうの鉄分は、ほうれん草より多いです。まるごと食べてカルシウムも摂りましょう。コレステロール値の調整のため、繊維の豊富なゴボウを入れるといいでしょう。
冷え性 キムチ鍋 キムチは汁ごといただきましょう。スライスしたニンニクを入れるとアリシン成分のはたらきで、さらに血行が良くなります。
風邪ぎみ ほうとう鍋 カボチャの豊富なカロチンにより、のど・胃の粘膜を守り風邪を予防します。里芋などの根菜類は体の中で温かさが持続します。薬味にとうがらしを入れ、さらに温かさがアップします。

鍋との付き合い方

海鮮鍋

いくら鍋が冬ナンバー1の健康食でも、食べ方には気をつけて。より良い鍋とのお付き合いを考えましょう。

  • ●食べ過ぎてしまう!
    鍋は、そのおいしさから食べ過ぎてしまうことも多くなります。特に気を付けたいのが、最後のうどんや雑炊。もしお腹がいっぱいなら、何も無理して食べきることはありません。栄養豊富なスープはそのままとっておき、うどんも雑炊も翌朝にまわします。朝が待ち遠しくなるはず。
  • ●食べ過ぎてしまった!
    もう食べてしまった場合、まずはゆっくり休んで、できるだけエネルギーを消化に傾けましょう。足の三里(あしさんり)や合谷(ごうこく)など、胃のツボを刺激して、消化を促進します。
  • ●塩分が気になる
    特にすき焼きなどは塩分が多く、高血圧が心配になります。ナトリウムの排出に効くカリウムを含む食品も摂ります。贅沢三昧コースならデザートにメロンを。倹約コースなら海草サラダなどを足しましょう。できれば、すき焼きより、水炊きなどの鍋にするとより良いでしょう。
  • ●買い物はコンビニしか行けない
    コンソメ仕立ての洋風鍋で、肉はウインナーやコンビーフ、魚はシーチキン、野菜はミックスベジタブルでもおいしくなります。あるいはサバ缶などをベースにしたカット野菜での「ちゃんこ」などもいいでしょう。
  • ●ダイエット中!
    しゃぶしゃぶタイプの鍋がおすすめです。あえて肉を使わず、レタスやワカメ、もやしなどの野菜しゃぶしゃぶも良いでしょう。必要な栄養も摂れ、満腹感も得られるのでスープも一緒に楽しみましょう。
PR

PR