「除湿機」必須時代の到来!?

除湿機の機能

除湿機は、エアコンと異なり移動が可能なので、部屋間を移動することもでき、押し入れに近づけて中を除湿することができる。
値段も“3万円〜8万円”とエアコンよりお手軽なため、エアコンのない部屋用に追加購入する家庭も多いようだ。

機能も除湿だけでなく、空気清浄機能付きや洗濯物が乾きやすいように吹き出し口が上向きに動かせるように作られているものもある。
洗濯物を室内に干す家庭や、今頃の季節にはもちろん、マンションなどの気密性の高い住宅では1年中ありがたい存在のはず。

冷房病にかかりやすい人に

これからの季節、職場、デパートなどの冷房の効きすぎにより、冷房病にかかる方も多いのでは。
「せめて家庭では冷房から逃れたい」という声には、この「除湿機」がおすすめ(もちろんエアコンの除湿機能もOK)。
人間が「快適だ」と思う湿度は60%くらいだといわれており、寝苦しい熱帯夜でもこのくらいまで除湿を行うことによって、随分涼しく感じるはず。

かつて、“水の冷たさを利用して加湿冷房する”という冷風機が発売になり話題になった。
ところが使ってみたら部屋中カビだらけという声も多く、いつの間にか店頭からも姿を消していた。
「日本の夏」はやはり「除湿」がキーワードになるかも。

PR

PR