気を付けたい睡眠薬の使い方

服用には医師の指導が必要

睡眠薬には、脳のはたらきを抑え、不安を除去し、筋緊張を和らげて眠りを誘う効果があります。服用する場合には医師の指導が必要です。
問題は、薬に頼ろうとする精神依存が見られることです。不眠に悩む人は、不眠を恐れながら、一方では睡眠薬の服用を恐れるという矛盾した状態に陥っているものです。
薬がなくても眠れるように、うまく睡眠準備状態をつくることも考えましょう。

健忘を起こす睡眠薬もある

現在用いられている睡眠薬は、ほとんどがベンゾジアゼピン系の薬物です。比較的安全性は高いのですが、人によっては効き過ぎたり、ふらつきが起こったりします。特に、高齢者は、薬に対する感受性に個人差がありますから、より注意が必要です。
ある種のベンゾジアゼピン系睡眠薬では、飲んだ後のことを覚えていない健忘を起こすことも知られています。使用量を守るとともに、状況によっての適切な使用を心掛けたいものです。
言うまでもないことですが、睡眠薬をアルコールと一緒に飲むことは危険です。絶対に避けなければなりません。

PR

PR