肺活量とは肺の換気能力を示す数値

肺活量は身長、性別、年齢、姿勢などによって違う

肺の換気能力がよく分かる数値が肺活量です。
普通の呼吸(1回の呼吸気量)から、思いきり息を吸い込み(予備吸気量)、次いで吐き出せる限りの息(予備呼気量)を吐き出した時の全呼吸気量をいいます。
肺活量は身長、性別、年齢、姿勢などによって違います。18歳以上の成人の推測正常値は次の公式によって得られます。

男性={27.63−(0.112×年齢)}×身長
女性={21.78−(0.101×年齢)}×身長

普通の呼吸で1回500mlの空気が出入り

健康な成人では男性は3000〜4000ml、女性は2000〜3000mlくらいになります。スポーツ選手の中には、7000mlという高い肺活量を持つ人もいます。
普通、静かに呼吸するときは1回あたり500mlの空気が出入りします。激しい運動の最中にはこれが4000mlにもなります。

PR

PR