肺がん、心疾患、脳卒中と喫煙による死亡リスク

喫煙は、肺がんはもちろん、こんな病気にも関係が?

健康で長生きするには、がんのほかに脳卒中心疾患なども心配…。
それらの病気も喫煙との関係が指摘されています。それは、どの程度なのでしょうか?
85歳の時点で、肺がんでは、非喫煙者0.8%に対し1日40本の喫煙者では9.4%と約11.8倍も死亡リスクが高くなり、虚血性心疾患でも3.8%と14.3%と約3.8倍、脳卒中では12.5%と16.5%と約1.3倍と、いずれの病気においてもたばこによって、かなり死亡リスクが高くなってしまうことが下のグラフで解ります。

肺癌 心疾患 脳卒中

中村正和 1997

PR

PR