「ビタミンCは熱に弱い」はうそ?

ビタミンCは確かに熱で壊れやすい

ビタミンCは水溶性ビタミンです。この種類のビタミンは、水で洗ったり、刻んだものを水にさらしたりすると、その成分が減少することが特徴です。
 特にビタミンCは、空気に触れると酸化しやすく、加熱によっても失われる、壊れやすいビタミンです。従って、ビタミンCを摂取する時にはなるべく生で食べるようにします。

しかし、芋類のビタミンCは損失が少ない

ただし、例外もあります。ジャガイモやサツマイモなどの芋類にも、ビタミンCは多く含まれています。これら芋類は、加熱調理によるビタミンCの損失が少ないという長所があります。
コロッケなどやポテトサラダなどの調理法にすれば、1回量も多く取れるので、ビタミンC源として積極的に取りたいものです。

みなさんの感想

Loading...
PR

PR