マグネシウム欠乏の兆候と欠乏症

虚血性心疾患が増加

マグネシウムは、各種の酵素の構成成分として、また神経伝達、イオンの転送、遺伝情報伝達の重要な段階などに関与しているミネラルです。
マグネシウムが慢性的に摂取不足になると、虚血性心疾患が増加します。
また、骨や歯の形成障害、知覚過敏、筋肉がひきつるテタニーなどの欠乏症が起こります。

PR

PR