ナイアシン欠乏の兆候と欠乏症

皮膚炎、下痢、認知症の症状

ナイアシン(ニコチン酸)は水によく溶け、加熱によって壊れにくく、光や酸化、酸、アルカリにも耐性が強く、水溶性ビタミンのうちで最も安定しているビタミンです。
ナイアシンが欠乏すると、皮膚炎、下痢、認知症などの症状が現れます。皮膚炎は顔、けい部、手、足など日光の当たる部分に左右対称に発赤、水泡、褐色の色素沈着などを生じます。下痢は消化管出血を伴います。
欠乏症になると、頭痛、不眠症、めまい、抑うつ症を起こし、重症になると幻覚、錯乱、発狂などの病状が出現します。
ナイアシンン欠乏症は、アルコール依存症などでたんぱく質やビタミンB群なども併せて欠乏となっているケースがほとんどです。

PR

PR