アルコールの摂り過ぎが引き起こす脂肪肝。中性脂肪の蓄積が脂肪肝の引き金に

適度な飲酒は善玉コレステロールの値を高く保つはたらきがあります。しかし摂取が過ぎると、アルコールは、肝臓に中性脂肪を過剰に蓄積し、脂肪肝の原因となります。さらにお酒と相性の良い脂っこいものは脂肪の摂取を上乗せしていることになるので注意が必要です。

摂取したアルコールは、肝臓で中性脂肪に

適度な飲酒(ビールなら1日につき中瓶2本以内)であれば、アルコールは善玉であるHDLコレステロールの値を高く保つはたらきがあります。
しかし摂取が過ぎると、アルコールは、肝臓に中性脂肪を過剰に蓄積し、脂肪肝の原因となります。
アルコールを飲むと肝臓で中性脂肪が合成されます。中性脂肪合成のピークはアルコールを飲んで12時間後です。
合成された中性脂肪は肝臓から体の各部の末梢組織へ運ばれますが、肝臓から運び去られるまでには、さらにその後12時間掛かります。
毎日毎日、アルコールを摂取していると次々に新たな中性脂肪が合成されることになり、肝臓の中性脂肪処理能力を超えてしまうため、脂肪肝をもたらすのです。

脂っこいおつまみも脂肪肝の原因

また、飲酒する時は、アルコールと一緒に脂っこいおつまみなどを取りがちです。
アルコールが高カロリーの上、おつまみで余分なコレステロールや脂肪を摂取していることになり、これも脂肪肝の原因となります。
脂肪肝があると体がだるくなり、ときには肝硬変を招くこともあります。

PR

PR