HDLコレステロールはこうすれば増える

EPA、オレイン酸はHDLを増やす

摂取する脂肪のタイプで、HDLを上げたり、LDLを下げたりできます。
高脂血症には低HDL血症、高LDL血症と呼ばれるものがありますが、これらの高脂血症では、摂取する脂肪のタイプのバランスを調整することが食事療法の一環となっています。

HDLを上げるはたらきがあるのは、多価不飽和脂肪酸(n-3系脂肪酸)のエイコサペンタエン酸(EPA)や一価不飽和脂肪酸のオレイン酸などです。

新鮮な青魚の脂肪を摂取

EPAはイワシ、サバ、サンマなど青い魚の脂肪に多く含まれており、HDLを上昇させるだけでなくLDLを減らす作用があります。
従って、これらの魚を料理する時は、焼き魚のような脂肪を捨ててしまう調理法よりも、新鮮な魚の脂肪も一緒に食べられるような鍋、ムニエル、煮付けなどの調理法が適しています。
オリーブ油などに多く含まれているオレイン酸にも、HDLを高く保つだけでなく、動脈硬化を促進するLDLを下げるはたらきがあります。適量であれば、アルコールもHDLを上昇させるはたらきのあることが分かっています。また適度な運動や飲酒もHDLコレステロールを上昇させます。

PR

PR